読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

【Kindle】Kindle PaperwhiteをAmazonのセールでポチってしまったので、その素晴らしさ、おすすめポイントをレビューする

ガジェット紹介

本の持ち運びが面倒臭い。それは誰もが思うことです。

やっぱり持ち運びが便利な電子端末が欲しくなりますが、なかなか手が出せないのが現実です。

 

僕もその一人で、なかなか手を出せずにいたのですが、年末にamazonを見ていると…

 

「プライム会員はKindle Paperwhite¥7,300 OFF」

 

!!!

まじか!!ということで、勢いでポチってしまいました。笑

 

 

 

今日はそんなKindle Paperwhiteを紹介して行きたいと思います。これでついに僕も紙媒体の本からおさらばすることになりそうです。

 

 

 

Kindle Paperwhite開封の儀!!

f:id:kingqoo3:20170109114022j:plain

 

ジャジャーン!!

ということで、ついに僕もKindle Paperwhite をゲットしてしまいました。

早速箱を開封して見ると…

 

f:id:kingqoo3:20170109114136j:plain

 

中身はこんな感じ!!

充電用のUSBケーブルと本体、説明書と保証書が入っていました。

 

上部の画像が削れていて申し訳ないですが、箱にもKindleのロゴとイラストが印刷されていてなかなかカッコいいです。

 

f:id:kingqoo3:20170109115912j:plain

 

こちらが本体になります。黒を基調とした本体に画面があるだけのとてもシンプルな作りとなっています。

全面下部には「kindle」とうっすら印字されているのもなかなかいい感じです。

 

f:id:kingqoo3:20170109135431j:plain

 

こちらが背面になります。

写真だとわかりづらいですが、中央から少し上の辺に「amazon」とうっすらとロゴが入っています。

背面の素材はラバーっぽい樹脂素材で、持った感じは少し高級感があってなかなか気に入っております。

 

スペック
解像度 300ppi
バッテリー 数週間
サイズ 166 × 117 × 9.1mm
ディスプレイサイズ 6インチ
重量 205g

 

バッテリーが数週間持つというのは本当にありがたいですね。読書に特化しているがために消費電力をここまで抑えることができているのだろうと思います。

画面は6インチということで普通の本よりも若干小さいですが、文字の拡大縮小調節ができるので問題ないかと思います。一般的な本よりも軽いので、片手で気軽に読書を楽しむことができます。

 

Kindle Paperwhiteのオススメポイント

圧倒的に軽すぎる

長時間の移動のお供に、ちょっとした隙間時間に本を読みたくなるものですが、普通の本を持ち運ぶとなると重たいのが問題です。

 

その点kindleであれば205gというめちゃくちゃ軽くてしかもかさばらないフォルムをしていますので、ちょっとした時間や長時間の移動時にさっと取り出せて簡単に読むことができるのでとても便利です。

中途半端なところでどうしても読み終えないといけない時はしおり機能もあって簡単にどこまで読んだかも保存できるので、普通の本を扱っている以上に簡単で本当に便利です。

 

最大数千冊を持ち運ぶことができる

旅のお供にと持って行くとなると、かなりの量を持ち運ぶことになってかさばるのが普通の本ですが、kindleであれば一度に数千冊もの書籍を持ち運ぶことができるので、どの本を持って行こうかと選抜にかけることなく保存されている全ての本が読めるという特徴も魅力的ですね。まるで図書館を持ち運んでいる気分になることは間違いなしですね笑

 

僕は結構優柔不断で、こういう時にあれも読みたい、これも読みたいと、本の選抜だけにかなりの時間を費やしてしまう性格なので、Kindleがあるだけでその時間が完全になくなり、もっと旅に集中できるようになることでしょう。

 

圧倒的に目に優しい安心設計

現代人としてやっぱり気をつけたいのが目の健康です。

その点kindleシリーズの300piという高解像度の画面で表示される文字は印刷物のようにくっきりと美しく表示され、目が疲れにくいのが特徴です。

 

また、明るい日差しの中で普通のタブレット端末やスマホの画面で文字を読んでいると、反射して見づらいなんてこともよくありますよね?

その点Kindleの画面はマットなe-linkスクリーンを採用しているので太陽の下のような眩しい場所でも光の反射をせず、本物の紙の本を読んでいるかのように普通に読むことができます

 

Kindle Paperwhite以上のモデルであればディスプレイの表面だけを照らす目に優しいフロントライトをを搭載しているので、就寝前の電気を消してしまった部屋でも快適に読書をすることができます。

ブルーライトによって脳を覚醒させることなく、ゆっくりと睡魔が襲ってくるはずです。

 

f:id:kingqoo3:20170109145304j:plain

 

実際に薄暗い部屋で表示した感じがこちらになります。

とても優しい光で、目に優しい感じがしますね。

 

バッテリーが長持ち

ここが普通のタブレットやスマホでは実現できない点です。

電子ペーパーを採用したり、書籍を読む端末というところに特化したことによって数週間もの間バッテリーが持ちます

 

電池残量のことなど気にせずに、安心して読書に集中できるのは素晴らしいですね。

 

※最大6週間バッテリーが持つということですが、明るさ設定10、ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合です。

 

便利機能が満載!!

先ほどのしおり機能もそうですが、文字サイズを変えたり、フォントを変更したり、自身が読みやすいようにページめくり機能のカスタマイズができたりと、読書を集中して快適に行うための機能が満載です。

 

それら機能をフル活用して、快適な電子端末読書ライフを楽しむことができます。

 

実際の読み心地はどうか?

簡潔にいうと、紙の本を読んでいるように本当に読みやすく、めちゃくちゃ気に入ってしまいました。

 

どんな場所でも反射などで読みにくかったりすることもなく、また軽いので、片手で気軽に読書できてしまうのが本当に魅力的で素晴らしいです。

 

Paperwhiteからの特徴であるフロントライトも素晴らしく、暗い場所でも読書に集中できてしまうので、ついつい読み過ぎてしまいます。笑

これはしばらく読書から抜け出せなくなりそうです。

 

ちなみに僕はケチってキャンペーンモデルを購入しましたが、

 

f:id:kingqoo3:20170109152135j:plain

 

スリープモード時などにこのようにKindleのキャンペーン情報が表示される程度で全くウザくないので、キャンペーン情報付きの方が安いですしおすすめですね。

 

むしろキャンペーン情報が知りたい方はこちらのタイプの方がいいかと思います。

 

Amazonプライム会員になると4,000円OFFで購入可能!!

ここまでおすすめポイントを紹介してきましたが、「7,300円OFFだから買ったんでしょ、結構値段するからちょっとなぁ」と思っている人もいるはずです。

 

そんな方に朗報なのが、Amazonプライム会員になると、Kindle端末シリーズがいつでも4,000円OFFで購入できてしまうのです。

 

Amazonプライム会員の年会費が3,900円なので、Kindle端末の購入すると実質プライム会員の年会費が無料になってしまうということです。

 

それだけではちょっと…という方にさらなる朗報が…!!

プライム会員でかつKindle端末を所有している人は、「Kindleオーナーライブラリー」というサービスが利用でき、毎月一冊だけ無料で本を借りることができます

 

f:id:kingqoo3:20170109152320j:plain

 

こんな感じでメインページを下にスクロールしていくと「プライム会員月一冊無料」という項目が出てきて、ここから本を毎月一冊借りることができます。

 

毎月一冊でも何かしらの本を読む人はそれだけでもむちゃくちゃお得になってしまうのです。有名どころだと下記のような本が無料で読めますし、ハリーポッターシリーズもありました。

 

 

 

そもそもAmazonプライム会員ってなんなの?という人のために下記記事でAmazonプライムの魅力を有り余るほどに発しているので、一度見ていただけたらと思います。

Amazonの配送料が無料になったり、映画やアニメ、音楽が見放題、聴き放題になったりと、本とか関係なしにめちゃくちゃ便利なサービスなので、是非一度無料体験もしていただけたと思います。

 

Amazonプライム無料体験はこちらから

 

下記記事にてAmazonプライムの詳細を徹底解説しております!!

Pick Up!!  【無料体験もできておすすめ!!】入会するだけでめちゃくちゃお得!! Amazonプライム会員になったのでそのメリットを紹介します

 

あとがき

普段から本をよく読む人、出かけ先でちょっと本を読みたくなる人は是非一度購入を検討していただけたらと思います。

 

個人的にはフロントライトが搭載されているKindle Paperwhiteをお勧めしますが、まずはエントリーモデルからという方には普通にKindleでもいいかと思います。

 

【Kindle Paperwhite】

 

【Kindle】

 

 

また、他の商品のお探しの方は一度下記記事を参考にして頂ければと思います。

僕自身が実際に買って見てよかったものをまとめたリストになりますので、お探しのものがないか一度眼を通して頂ければと思います。

 

Pick Up!! 【お一人様向け】買ってよかった、個人的におすすめなものやサービス等を紹介する -