徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

マッサージチェア【Panasonic EP-MA37M】レビュー!! 在庫があるなら最新機EP-MA38Mよりもコスパ最強

f:id:kingqoo3:20171230155609j:plain

 

みなさん、マッサージチェアは愛用されてますか?

 

僕の家には昔からマッサージチェアがあり、幼き頃から愛用しています。

 

そんなマッサージ機がついに壊れてしまったということで、今回ついに買い換えました!!

 

しかもコスパ最強のやつを発見して投資対効果抜群です。ニヤニヤ

 

ということで今回はPanasonicの「EP-MA37M」をレビューしていきたいと思います。

 

※先に結論から申し上げておくと、在庫があるのであればEP-MA38MではなくEP-MA37Mを選択しましょう。(詳細は後ほど!!)

 

 

 

EP-MA37Mの開封!?レビュー!!

f:id:kingqoo3:20171230111620j:plain

 

というわけで早速開封レビューを…といきたいところですが、さすがに「開封ジャーン!!」はできませんでしたので、運んでもらっているところから失礼します。w

 

f:id:kingqoo3:20171230112058j:plain

 

うん、でっかいw

 

さすがお値段が結構するだけあって、高級なマッサージチェア感を醸し出しています。

 

まぁ、「マツコ&有吉 かりそめ天国」に出てきたようなもうワンランク上の近未来感漂うマッサージチェアにはかないません。笑

 

それでも、庶民の僕にとっては大満足でございます。笑

 

f:id:kingqoo3:20171230112802j:plain

 

付属品の内容としては、本体と、クッション(プレゼントでついてきたっぽい)って感じで、いたってシンプルです。

 

【スペック】

搭載機能 モミメカ
揉ねつ
ストレッチ
自動コース もみほぐしコース
ソフトさすりコース
たたき爽快コース
ストレッチコース
頚椎まわりコース
腰椎まわりコース
ちょこっと8分コース
電源 交流100V 50-60Hz
消費電力 145W(操作器で電源「切」のとき約0.3W)
電熱装置消費電力 38W
本体寸法 リクライニングしていないとき:高さ約102×幅約68×奥行約120cm
リクライニングしたとき:高さ約82×幅約68×奥行約160cm
本体質量(重量) 約69kg
張地 合成皮革
生産国 中国製

 

このクッションを本体と体の間に挟むことで、モミの強さを微調整することができます。(背もたれカバーは枕になります)

リモコンでも強弱は調整できますが、それでも強すぎる方はこのクッションを使うといった感じですね!

 

付属クッションじゃなくても毛布や手持ちの薄手のクッションなどで代用可能です。

 

f:id:kingqoo3:20171230113442j:plain

 

コンパクトながら足のマッサージもあります

足元はこんな感じ!

 

足を引っ掛けてグッとやると出てきます。(語彙力www)

 

手でもこんな感じで出せるんで、手で引っ掛けて出してもいいと思います。

 

f:id:kingqoo3:20171230150324j:plain

 

ただの肘掛けに見せて、実は手も揉めちゃう優れもの。

ただただ、最高です。

 

f:id:kingqoo3:20171230150411j:plain

 

リモコンはこんな感じで右側のポケットに入れることができます。

 

f:id:kingqoo3:20171230150722j:plain

 

最新式のタッチパネル!!…ではなくボタン型ですが、結構色々選ぶことができます。

特に年配の方なんかはこれくらいの方が見やすくていいかもしれませんね。

 

EP-MA37Mの実際の使い心地は…!?

とりあえず使ってみました。

 

f:id:kingqoo3:20171230152805j:plain

 

まさに至福のひとときです。

 

今まで使っていたのが10年以上前の古いマッサージ機であったということもありますが、なんかこう、モミ具合がより人に近くなった感を感じます

 

やっぱり日々技術は進化しているということを感じますね。

 

また温熱もい感じで働いていて、体がポカポカしてきます

 

これはもうしばらく動けなくなること間違いなし!

(もっと仕事がはかどらなくなります。笑)

 

EP-MA38MではなくEP-MA37Mを購入した方が良い理由

さてここまで引っ張ってしまいましたが、冒頭に述べたことの解説を。

 

結論から言うとこの2機種は全くスペックが変わりません

 

なんなら寸法も全く変わりません

 

ちなみに今年の11月に出た最新モデルが「EP-MA38M」で、その前の型が「EP-MA37M」になります。

 

ちなみに某家電量販店で確認を取ったところ、やはりデザインにも全く変化がないとのことでした。

 

したがって購入するのであれば、EP-MA37Mを選択した方が価格はかなり安くなるはずです。

 

ただ古い型式のものはもう家電量販店には置いてありません。

ネットでまだ在庫が残っていて、手にいれることができたらラッキー!!と言うくらいに捉えておきましょう。

 

【どうして変化なしで型式が変わるの!?】

商品自体の性能に変化がなくても、調達場所や内部の部品を少し変えたくらいで型式も新しくしているようです。

あたかも最新スペックのように販売するなんて、なんだか騙されている気がして家電業界の闇を感じた気がしましたね…笑

 

【EP-MA37M】

【EP-MA38M】

あとがき

と言うことで今回はマッサージチェア「EP-MA37M」のレビューをさせていただきました。

普通にハイスペックでコスパ抜群の機種なので、マッサージチェアを新たに購入 or 買い替えを検討している方にはオススメですね♪

 

まだEP-MA37M」ゲットできる可能性は十分にあるので、一度ネットショップの在庫をチェックしていただければと思います。

 

【↓各サイトで在庫チェックしたい方はこちらから↓】

 

 

f:id:kingqoo3:20171230160312j:plain

 

ちなみに、今まで使っていたマッサージチェアはしっかりと回収していただきました。

今までお世話になりました〜!!