徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

【お部屋探し体験談】名古屋駅から30分以内というふわっとした感じで部屋探しをしたので、どうやって決めたのかの経緯を紹介する

f:id:kingqoo3:20170510204659j:plain

 

ども、最近ブログの更新をサボっているつれづれです。

ブログ飽きちゃったのかな?と心配される方もいるかと思いますがそんなことはなく、色々と忙しくて更新が遅れてしまっているのです。大丈夫、生きてます。(別にそこまで心配している人もいないと思いますがw)

さて、自虐ネタはそれぐらいにしておいて、忙しかった理由の一つに「引っ越し」というのがありました。実は近々愛知の片田舎から愛知県の大都会、名古屋に引っ越すことが決まりまして、それ関係で色々買ったり、色々決めたりしていたら頭の中がぐちゃぐちゃになってしまい、ブログから遠ざかっていた次第であります。

で、ようやく落ち着いた気がするので、今回お部屋を決定するに到るまでの経緯を紹介していきたいと思い、筆をとりました。(筆をとるってかっこいいよね)

名古屋駅から30分以内という特殊なお部屋探しをしたので、僕みたいなふわっとした感じでお部屋を探している人の参考になればと思います。

あと家賃に関する都市伝説は全く関係ないということがわかったので、ここで紹介していきたいと思います。(信じて待っていたのに…w)

 

名古屋駅から30分以内というのはふわっとしているのか?

名古屋から30分以内の物件を探したのですが、「普通に聞くと別にふわっとしていないのではないか?」と思う人もいるかもしれません。

僕も最初はそう思っていたのですが、実はこの条件、色々とお部屋を探している中で随分とふわっとしているということがわかりました。

そもそも名古屋に引っ越したい理由が僕の場合一人暮らしをしたいというだけの理由というのがとても厄介でした。どこかに勤めたり、大学に通ったりするのであればその近辺という、区まで絞ることができるのですが、僕の場合名古屋駅から近ければどこでもいいわけで、区をまたいで調べないといけなかったのでかなりの物件数になってしまい、どうやって探せばいいか結構迷いました。というのも大手不動産屋さんの場合、区やその地域ごとに店舗を構えているので、その店舗を訪れてどんな物件があるのか話すというのが普通の流れになるのですが、僕の場合どの区でもアクセスさえ良ければ良かったので、いざ直接聞きに行こうとした場合、どの区の不動産屋さんに問い合わせたらいいのかわからなくなってしまったのです。

 

ふわっとしていても情報社会が解決してくれた!!

しかし今の世の中、本当に素晴らしい情報社会となっているのでそんなふわっとした条件でも、スーモやホームズ、などのWEBサービスで、様々な不動産屋さんが取り扱っている物件を横断検索できるようになっています。実際に僕もこれらのサービスを使って住みたい物件を検索していきました。今はこれらWEBサービスだけではなく、下記のようなスマホアプリでも物件検索アプリが登場してきており、本当に便利な世の中になりましたよね。

 

賃貸スモッカでお得にお部屋探し
賃貸スモッカでお得にお部屋探し
無料
posted with アプリーチ

ちなみにこのスモッカというアプリで住みたいお部屋を見つけることができ、無事契約できると、なんと入居お祝い金として3万円もらえるとのことです。ちなみに5月末までのキャンペーンでそのお祝い金がなんと3万円→10万円に上がっており、これはここで決めるしかねぇ!と勢いよく探しましたが結局住みたい物件は見つかりませんでした。笑

物件をお探しの方はこの機会に一度スモッカで検索してみるとうまくいくと住みたい場所が見つかって入居お祝い金がゲットできるかもしれません。(iOSにしか対応していないので悪しからず…)

これらのサービスを活用して色々調べた結果、なかなかいい物件を見つけたので、連絡を取ってみると、「その物件は今他のお客さんが見ている状態なので、もしかしたら明日来店した時にはその物件はもうなくなっている可能性が高い」とのことでした。それでも区をまたいで他の物件も紹介してくれるということだったので、それならばとその不動産屋さんまで片田舎から電車で向かったのでした。

 

ベンチャーの不動産屋さんだからなのか、なかなか柔軟な対応をしてくれた

物件を調べた次の日にはその不動産屋に到着し、物件の品定めをすることになりました。この時訪れた不動産仲介業者はminiminiやアパマンなどの大手ではなく、その地域、特に名古屋に密着して店舗を展開しているベンチャー的な会社でした。

昨日の電話の通り、ネットで見つけていたお目当の物件はやはり契約されていたのでみることもできず、その場で色々と条件を提示しながら物件を探していくこととなりました。そこで1時間ぐらい調べてもらって3件ぐらいに候補を絞り、車でその物件を回ることになりましたのですが、3件とも全く違う区だったのでたった3件の物件を見るだけでも3時間ぐらいかかってしまい、ヘトヘトになりながらも「まぁここにしよっか…」という感じで物件を仮決めしました。

本当に柔軟に担当してくれたので嬉しかったですし、何より若いお姉さんだったのでとても楽しい3時間ではあったのですが、「せっかくここまで来たし、他の不動産屋さんも見たいな…」と思ったので、結論はまたあとで出すと言い残して他の不動産屋さんも見てみることにしました。

 

次の大手不動産屋さんでまさかの運命の出会い

次に訪れたのがアパマンショップでした。実はアパマンショップはフランチャイズらしく、もちろんネット上で物件情報を一括管理はしているのですが、ネットに上げていない隠れ物件的なところも多いらしく、その隠れ物件目当てに訪れたのでした。なんで隠れ物件があるのか知っているのかというと、事前に別店舗のアパマンさんに連絡した際に、そういう物件があるから是非区を決めてからその区の管轄のアパマンを訪れてくださいと言われたからでした。

ということで訪れて探してもらったのですが、やはりなかなかいい物件は見当たらず。悪戦苦闘しながら色々な物件を探してくれているお兄さんを横目に何やら広告的に売り出している物件が目についたので、「あれってどうなんです?」と聞くと、「いいんですけど、駅からだとギリギリ30分は超えてしまうような立地条件ですよ」と言われました。それでも間取りがめちゃくちゃ気に入ってしまったので、是非見たいということでそこまで連れて行ってもらうことに。

で、思った通りめちゃくちゃ立地条件だったので、思い切って即決してしまいました。そしてその時にはもうお姉さんとの3時間の車デートは完全にどこかに吹っ飛んで行ってしまいました。笑

 

結論:物件は見るに限る

ネットで探すのもいいですが、ネットに掲載されている物件情報ってそこまで新しくなかったり、問い合わせてみるとすでに契約されていたりとなかなか契約までに至れないということを今回物件を調べてみて知ることができました。

また、実際に現地の不動産屋に行くと掘り出し物が結構あったりするので、まずはある程度場所を絞ってから、その地域の不動産屋さんに直接行くのがベストだということもわかりました。

したがって、今後物件をふわっとした感じで探そうとしている方は、まずはネットなりアプリなりで不動産屋をまたいだ横断検索をして、探して住みたい物件が見つかったらその物件を問い合わせてみる→実際にその物件を管理している不動産屋さんに行って話を聞く→余力があればその近辺の不動産屋さんもハシゴすると行った流れがいいかと思います。

それなりに自分がいいと思った物件がある地域ならば家賃相場も同じですし、気に入った物件が見つかると個人的には思います。

 

ちなみに…

今回僕は5月に引っ越すことを決めたのですが、その理由が、1~3月などの不動産繁忙期を外すと家賃が安くなるということをネットの情報で事前に調べていたからでした。で実際蓋を開けて見るとどうなのかというと、家賃はそこまで安くなっていないという事実を突きつけられました。そして、繁忙期と比べて物件が少ないということも知りました。笑

ただ、繁忙期と違うところは物件をゆっくり回って見ることができるということと、家賃の値下げ交渉にはそれなりに対応してくれるという点で、これらに関して繁忙期を外してよかったかなと思っております。(実際に多少の家賃交渉ができました。)

繁忙期の場合はまだ完成していない物件や一瞬で決まってしまう物件がかなり多いのでなかなかゆっくりと回って見られないとのことです。

結局この時期に部屋探しをして良かったということにしておきましょう。

 

あとがき

ということで、今回は自分自身の実体験を元にお部屋探しの経緯を紹介して来ました。引っ越しを考えている方はまずはネット検索から様々な不動産屋が扱う物件を横断検索し、現地に向かうスタンスでいきましょう!