徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

ハンドボール歴15年以上の僕が、日本人の足幅に合うおすすめハンドボールシューズをランキング形式で紹介する

皆さんはハンドボールというとどんなイメージを持っているでしょうか?

「あ〜あの外でやってるスポーツね!」、「ルールはわからないけど、フットサルみたいなコートだよね!」、「宮崎大輔!」、「何も知らない…」

 

こんなイメージを持っている、というかほとんどイメージのないスポーツなのではないか?と思います。

そして最初の「外でやってる」は完全に間違っていて、ハンドボールは室内競技です。

ただ、いつもバレー部やバスケットボール部に場所を取られて仕方なく外にコートを作って練習しているのです…

 

さて、余談はこれぐらいにして、ハンドボールにもハンドボールシューズと呼ばれる専用の靴があり、部活を始めたての頃は近くのスポーツ用品店に買いに行くと思うのですが、基本的に在庫は全くありません。笑

なので、その店舗で取り寄せるかネットで購入するのがほとんどとなります。

 

で、詳しい人もいないので、どのシューズがいいのかわからなくて途方に暮れてしまうこともしばしば。

 

ということで、今日は一応ハンドボールと出会ってから15年以上経ってしまった僕が、オススメのハンドボールシューズを紹介していきたいと思います。

先に言い訳しておくと、ハンドボールが好きというだけで、そこまで上手いわけでもないので悪しからず。笑

 

 

まずは自分の足が幅広なのか、幅狭なのか把握しておくことが重要

ハンドボールという競技では、かなり足を酷使するスポーツのため、その足を守るために適切なシューズを選ばないと大きな怪我につながります

大きな怪我を防ぐためにハンドボールシューズの選び方として、靴幅が自身に合っているかが大きなポイントとなります。

靴幅は特に日本メーカーと海外メーカーの差が大きく、僕の足はナイキやアディダスなど、靴幅が狭い海外メーカーの靴が体に合いません。それでもアディダスが好きだったため、中学〜高校にかけて実際にアディダスのハンドボールシューズを使用していましたが、それによって足を痛めてしまいました。

 

自分がどちらかわからないという方には上記のように海外メーカーの場合は靴幅が狭い可能性があるので、日本メーカーのハンドボールシューズをお勧めします。

 

ハンドボールシューズランキング

第1位 アシックス GEL-FIREBLAST 2

 

やはり日本のメーカーが一番日本人の足幅に合わせて設計しているということで、こちらアシックスのハンドボールシューズを選ばせていただきました。

GELシリーズは最近不動の人気を誇っていますが以前のものに比べて、通気性、フィット性を更に向上させ、シューズ内部での過度な足ズレやねじれを抑制する設計となっているので、より自身の体にフィットし、激しい動きにも耐えられるということで、お勧めです。

 

アシックスのハンドボールシューズは高校時代からお世話になって重宝しており、持ちもいいシューズだと感じているので、どのハンドボールシューズを買おうか迷っている方にまず一番にお勧めしたい商品です!

 

第2位 MIZUNO WAVE STEALTH 4

 

日本メーカーミズノが誇る、足のためを思った最新作のハンドボールシューズです。

XGラバーとう高グリップ、高耐久性をバランスよく併せ持った素材を使用しているため、衝撃にも強く、動きやすいところが特徴的なシューズとなっております。

またデュラシールドという設計を採用しているため、糸切れやつめ先剥がれが起こりにくく、靴自体の耐久性が高いのも特徴的な点です。

 

正直な話、アシックスかミズノか、どちらがいいとは言えないのが現状で、個人的にアシックスばかりを使用していたのでミズノを次点にしましたが、これは個人的な観点なので、どちらのメーカーかは実際に履いてみて合った方という形で選ぶ方がいいと思います。

 

第3位 アシックス GEL-THRUST

 

先ほどのアシックスのハイグレードモデル「GEL-FIREBLAST」と比較すると値段もお手頃で、コストパフォーマンスの高いシューズとなっています。

GELによるクッション性、安定性もあって激しい動きにもしっかりサポートできるように設計されているので、ハンドボールを始める方や中学生、高校生の方にはオススメのモデルとなっております。

 

第4位 Mizuno WAVE STEAM3

先ほどのミズノのハイグレードモデル「WAVE STEALTH 4」と比較すると値段もお手頃で、コストパフォーマンスの高いシューズとなっています。

軽量クッションモデルとなっているので、足への負担もないため、やはりこちらもハンドボールを始める方や中学生、高校生の方にはオススメのモデルとなっております。

 

第5位 hummel レジェンドフライIII

 

欧州ハンドボール界を牽引するメーカーとしてヒュンメルの認知度は高く、ハンドボールをやっている人であれば「安いハンドボールシューズメーカー」として知っている人も多いと思います。

そんなヒュンメルが日本人特有の足の形状やプレースタイルを加味して開発したハンドボールシューズをここ数年販売してきています。

 

以前のような足幅に合わないことによる違和感などもなく、普通に使用できると思うので、一度試してみる価値ありのオススメ商品として第5位にランクインさせていただきました。

 

フットサルのシューズは代用できないの?

ハンドボールという競技はフットサルとほぼ同じコートでプレイすることになるので、よくフットサルのシューズを使用している人もちょくちょく見かけます。

どうしてフットサルシューズに飛びつくのかというとその安さです。

やはりフットサルの方がメジャーなスポーツなのでデザインのバリエーションも豊富で、値段が安いということで買う人も多いのが現状です。

 

僕も一回買って使用したことがありますが、はっきり言って「ハンドボールには向いていない」と声を大にして言いたいほどの違和感でした。

 

グリップ力などはそこまで違和感を感じませんでしたが、シューズの前面がボールを蹴りやすいようにかために設計されているので、ジャンプした時など足に負担がかかる時に自然に曲げることができず、変なところに力が入ってしまい、下手すると怪我をするほどだなと感じました。

 

そもそもフットサルは足でボールを扱うスポーツだったので、そりゃ無理でしょって感じですが、「じゃあバスケットボールやバレーボールシューズならいいんじゃないの?」という話になってきそうですが、やはり運動する際に負担がかかる場所や筋肉を使用する箇所も異なってくるので、やはりその競技にはその競技専用のシューズを買うことをお勧めします。

 

あとがき

ということで、今日はお勧めハンドボールシューズを紹介させていただきました。

個人的にはアシックス推しですが、自身の足にフィットする靴を選べば問題ないと思います。

ハンドボールシューズで悩んでいる方の参考になればとお思います。

 

新作のシューズが出たりしたら、随時更新していきたいと思います。