読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

【ネタバレあり】ハリー・ポッター最新作!! 「ハリー・ポッターと呪いの子」を読んだ感想

映画鑑賞記録

先日このような記事を書きましたが、

 

www.tedium-life.com

この記事を書きながらハリーポッターについて調べていたら…

 

!!

 

新作でてる。笑

自分自身を勝手に無類のハリーポッター好きだと思っていましたが、そんなことはなく最近は全く情報を取得していなかったため、新作が出ていたことに全く気づいていませんでした。

 

で、早速買って読んでみましたが…面白い。

前作の世界観そのままに、大人(というかおじさん)になったハリー達とその子供達を描いた内容となっていました。

 

ということで今日はそんなハリー・ポッターの最新作「ハリー・ポッターと呪いの子」の感想をネタバレも含めて書いていこうと思います。

 

あらすじ

8番目の物語。19年後。『ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年が経ち、父親となったハリーが2人目の子どもをホグワーツ魔法学校へと送り出したその後の物語です。ハリー・ポッターとして生きるのはもちろんたいへんなことだったのですが、その後のハリーも決して楽ではありません。今やハリーは、夫として、また3人の子を持つ父親として、魔法省の激務に押しつぶされそうな日々をすごしています。ハリーがすでにけりをつけたはずの過去と取り組まなければならない一方、次男のアルバスは、望んでもいない“ハリー一家の伝説”という重圧と戦わなければなりません。過去と現実は不吉にからみあい、父も子も痛い真実を知ることになります。

参照:http://www.amazon.co.jp

 

今回はヴォルデモートとの戦いから19年後の物語。魔法界、人間界ともに平和な日々が流れる中、ハリーの次男アルバス・セブルス・ポッターがついにホグワーツ魔法学校に通うところから始まります。つまり、前回のシーンからそのまま続いたお話になります。

次男のアルバスは不器用で、友達があまり多くはない様子。行きの列車でドラコ・マルフォイの息子「スコーピウス」と仲良くなります。

 

そして毎年恒例の組み分け帽子でどの寮生になるのかが決まるのですが、なんとアルバスはスリザリン生となることに。

父親とは違う道を歩みながら親友と呼べる友達と出会い、父親とは違った成長をしながら、またまたヴォルデモートが関わる様々な困難を乗り越えて成長していくストーリーとなっております。

 

呪いの子の見どころ

さらに詳しい内容は実際に買って読んでもらうとして、今作品の印象的だったところをちょっと紹介して行きたいと思います。

 

分かり合えない親子関係に苦しむハリーの成長

ホグワーツ魔法学校に通い、年が経過するたびにアルバスとハリーの親子関係はみるみるギクシャクしていきます。

ある年に新学期のプレゼントとしてハリーはペチュニアおばさんが保管していたハリーが赤ちゃんの時に包まれていた毛布を渡そうとします。

そのやりとりの中で二人は口論となり、ハリーは「お前が息子じゃなかったらいいのにと思うことがある」と思いもしない言葉を口にしてしまいます。

 

それ以降二人の関係はさらにギクシャクしていくのですが、それはこれから待ち受ける様々な困難を乗り越えてより深い絆へと変わって行きます。

 

これ以上ネタバラシするとあまり面白くないので。そちらの方は本編を是非読んでください。笑

 

やっぱりスネイプは神ってる

物語の中で逆転時計(タイムターナー)を使用して、過去に戻るシーンが何度も出てきます。(今回はこの逆転時計がめちゃくちゃ重要!!)

 

ある過去に戻った時、その世界は未だヴォルデモートが支配している世界でした。その中でスネイプは生きており、ハーマイオニーとロンは結婚しておらず、二人の関係はギクシャクしておりました。笑

 

その世界ではハリーが死んでいるために、アルバスは存在せず、スコーピウスとその世界のスネイプ、ロン、ハーマイオニーと協力して元の世界に戻そうと奮闘します。

 

結局その世界ではロンとハーマイオニーは死に、スネイプをディメンダーに殺されてしまいます。

 

スコーピウスを庇いながら最後に伝えたスネイプの言葉、

 

「アルバスに伝えてくれーアルバス・セブルスにー私の名前が付いていることを、私は誇らしく思うと。」

 

これにはめちゃくちゃ感動してしまいました。もともとスネイプの話になると涙もろく、再びスネイプが出てくるだけで感動してしまいましたが、本当にいいやつです。

 

一途に思う愛ってこれほどまでに美しいものかと、感動させられます。

 

子供を通じて再び結束が強くなるハリー達

今回の黒幕は最後の戦いの前に生まれた、ヴォルデモートとベラトリックス・レストレンジの娘「デルフィー」でした。

 

過去に逃げてヴォルデモートが死なないように未来を変えようとしているところでの最後の戦い。この戦いを通じてハリーとセブルスやスコーピウスとドラコの親子の絆はより一層深まっていくのです。

それだけではなく、ドラコとハリー達の間にあった溝もなくなっていくのが素晴らしいと思いました。

 

それにしてもヴォルデモートに死んでほしくないと一途に思うデルフィーの気持ちも少し共感するところがあり、ハリーさえあの日に攻撃しなければまた違った未来があるという考えも、なかなか素晴らしいと思いました。

 

あとがき

ちょこちょこネタバレを含んでしまい、読んでいない人には申し訳ありませんが、本当に面白い作品で楽しく一気に読むことができました。

 

ハリー・ポッターを全てご覧になった方にはぜひ見て欲しい作品です。

 

ハリー・ポッターを読んでいないという方にはこちらをお勧めします。笑