読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

これで脈アリor脈なしが判断できる!? 女性は男性に奢って欲しいと思っているのか?

恋愛のtips

f:id:kingqoo3:20160520175750j:plain

あれは大学生になった時だった。まだ彼女ができたことがなかった僕はいろいろなひとから話を聞いて、「女の子とデートする時は奢らなければいけない、少なくとも多く出さなければいけない。」ということを学習した。

いざ初デートの時に「ここは僕がおごるから。」と自分の中で最大限の格好をつけて言い放った時、「ワリカンでいいよ。」と言われ、わけがわからずただただ呆然と立ち尽くしたことは今でも覚えている。(そしてそれ以降、その女の子との連絡は途絶えた)

 

別にそれがきっかけで嫌われたわけではないだろうが(昔はいろいろとねじ曲がりまくっていた)、その時奢れば彼女ができるという方程式は見事に崩れ去った。

 

それ以降、様々な女性と出会い、デートを重ねていくうちになぜか今度は女性におごってもらうことの方が多くなった。大学三年生にもなると短大の女の子の友達は就職し出して小金持ちになる。それにあやかって、当時大学院進学まで決めてほとんどバイトもしていなかった僕はまるでハイエナのように、ことごとく飯をおごってもらうことがとても多くなった。

「これ一生ただで生きていけるんじゃない?働く女性はみんな自分の味方だ。」と勘違いしていた昔の自分ををぶん殴りたい。そもそも女性におごってもらうということが通常営業と勘違いしている時点で殴りたい。

社会人になると、今度は男の人が多めに出すことがほぼ確定的になっていた。合コンがあるたびに7:3ぐらいの割合での出費となり、ケチな僕は頭の中で何度も「どうして男ばかり損をするんだ!俺のことなんか全く興味ないくせにお金ばかりに目がいって・・・。女性は常におごってもらおうと考えているんだな、ちくしょう!」と完全な自暴自棄のクソ野郎に成り上がっていた。

 

でもよくよく冷静に考えてみると、今まで女性に僕がおごってもらった金額からして、俺の方が奢ってもらった額は多いのではないか?と我に返って知ることとなった。

つまり過去の自分への精算を今していたのである。(結果清算しきれてないのであるがw)

 

別にこんな話をだらだらと書きたかったのではなく、なんの話をしたかったのだろう・・・そう「女の子はおごってもらうことが嬉しいのか?」という話だ。

 

女の子はおごってほしいのか?

男女共同参画社会と謳われているこのご時世、経済面において男性と女性は対等になってきていることは確か。

 

ただ、対等になってきている中、「私は自立しているのだから、デートでのお金はワリカンで払いたい!」と心の底から思っている女性は少ないはず。

そして、たとえどれだけ自立していても、男性におごってもらって嫌だと思う女性はいないはず。

女性にとっておごってもらいたいという理由は、「金銭的な援助が欲しいから。」という理由ではない。「私のために」男性がお金を使ってくれている、大切に思われている、という満足感が得られるためだろう。

 

ここで面白いのが、本当に好きなひと、将来は結婚を考えているほど大切な人ほど、一般的な女性であればワリカンを提示する傾向があるということ。(むしろ結婚を考えているのにワリカンを提示しない女の子はちゃんと考えて!とよく思う)

なぜなら将来一緒のお財布を使うことになるので、そこで男の人におごってもらっても彼の貯金が減るだけで、自分にとって何のメリットも生まれないからだ。

 

そう、男性諸君は必見です。なぜならこれで相手が脈アリかどうかを調べることができるからです。「いいよ、ワリカンにしようよ」と食い下がってきたら、それは相手が自分にお金を使ってほしくないとアピールしている、つまり脈アリと捉えて良いのではないでしょうか?

逆に「おごってくれないの?」なんて図々しいことを言われたら、それはあなたのことをお金としか見ていない証拠ですよ!そこのあなた、目を覚ましてください!!

 

以上をまとめると、

・金銭的に奢ってほしいというわけではなく、私のためにお金を使ってくれるという行為に満足する

・将来的に一緒になる覚悟があればワリカンを提示する

 

これ、奢る流れになったら脈なしで、男性にとってただただ残念だということですね・・・悲しい。

 

かっこいい奢り方

奢りたい奢られたい、様々な意見がありますが、この人に奢りたい!どうしても振り向かせたいと思った男性諸君にはここでかっこいい奢り方を教えておこうと思います。

 

会計は女性が席を立った時に

女性がトイレに行ったり、席を離れた時などにさっと会計は済ませておきましょう。

女性に「支払いは?」と聞かれたら「もう済ませたよ」とスマートに席を立ってレストランを後にできるので、めちゃくちゃかっこいい対応ができている感じになります。

 

レジでお金のやり取りを見せつけるのは男性にとってかっこ悪いらしいです。

 

それでも…とお金を出して来た時スマートな対応方法

上記のようにスマートなやり取りができればいいのですが、それでも…と食い下がりながらお金を払おうとする女性も多いはず。

そういう時は下手に「いらない!」と行ってしまうと険悪なムードになることもしばしば。

そういう時は「じゃあ1000円だけ!」とか「端数の小銭だけ」とか一応お金をもらう程度の提示の仕方で納得してもらうのがスマートでしょう。

 

あとがき

ここまでつらつらと書きましたが、奢ってもらえないから不満を持つ人、奢られ体質な人は最近の女性にはあまり見られません。おだてているわけではなく、本当にメンタル面で自立している女性が多いです。

なのでワリカンを提示されたら脈アリと判断するには気が早い気もしますが、自分に好意を抱いているかの指針としては使えそうな気はします。

 

ワリカンを期待して待っていてもしょうがないので、お会計時にはさっと自分で伝票を持って行って会計してあげましょう。

そのあとに、女性からワリカンの申し出があったら一度は断り、それでもというならお金を頂きましょう。

それが一般的な男性の対応でしょうね。

もっと紳士的な方ならば、女性がトイレ等で席を外した時に会計を済ませてしまうのがめちゃくちゃかっこいいのではないでしょうか?

 

最近の僕に関して言えば、人に奢るような紳士的な態度を見せる男には程遠く、奢ってくれるという単語を聞きつけるとハイエナのようについて回るという最悪なクソ野郎に落ちこぼれています。

まあ数年後には、女性に食事でお金を払わせない紳士的な男性になっていることは間違いないでしょうけどね。(絶望)

 

男は中身も大事だが外見も大事!

女性をおごってあげるという紳士的な対応は素晴らしいですが、意中の女性を振り向かせるためには外見も大事です。

 

お金をかけずに気軽にオシャレになろう!

今や服は買う時代ではなくてレンタルする時代です。

そんなメンズファッションの月額レンタルサービス「leeap」(リープ)がついに登場しました!

 

週末の予定に合わせたファッション、意中の女の子に振り向いてもらえるためのファッションなど、その時々にあったファッションをコーディネーターたちがサポートしてくれて選んでくれます。

 

一度に数万の出費をファッションにかけるよりも月額5,500円という定額で様々な着こなしができるのは本当に便利です。下手に適当なファッションに手を出すよりもこちらのほうが断然お得!

 

これで服のトレンドに出遅れることはありません。

 

▼ 詳細はこちらから ▼