読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

僕の心に残ったFF10の名曲10選

趣味のtips

僕が初めてプレイしたファイナルファンタジーの作品であり、何度もプレイしてとても印象に残っている。

初めてプレイしたのが高校生の時でその時すでに、発売から数年が経過していた。もともとRPGにあまり興味のなかったのだが友達の勧めでFF10をやってみると・・・

なんじゃこれ・・・むちゃくちゃ面白い・・・

というかストーリに引き込まれる・・・

 

ゲームで初めて泣きました。(アルベドに捕まって召喚士は究極召喚をすると死んでしまうという真実をティーダが知った時シーンで号泣しました)

その後も何度かプレイし、PS3のリメイク版も購入。今もBGMや実況プレイ動画を時々見ては感動しています。(プレイしろよw)

 

今日はそんなファイナルファンタジーXの曲を紹介させていただきます。

FF10をやったことない人も是非興味を持っていただけたらなと思います。

ザナルカンドにて

ユウナはシンを倒すために究極召喚を手に入れる。しかし究極召喚を行った召喚士は死んでしまうのである。なんとかユウナが死なないようにシンを倒すことができないか模索するものの解決策は見つからない。そしてついに究極召喚を得られる最果ての地ザナルカンドについてしまう。どうしたらいいのか、みんなの苦悩とともにこの音楽が流れると僕もどうしたらいいかわからなくなって悲しくなってしまう。

泣きたい時に聞くとその悲しみを増幅させて気持ちよく泣ける名曲。

「ザナルカンドにて」はオープニングに採用されており、FF10の曲といえばゲームをプレイしたことない人でもなんとなく聞いたことのある曲だと思う。ザナルカンドについた時にようやくそのシーンの背景が理解出来る。

曲調を変えて「萌動」や「明かされた真実」という曲名もつけられて、作中に登場する。

萌動

この「萌動」は幻光河周辺で流れるのだが、幻想的な雰囲気とマッチした曲調でこちらは悲しみというよりかは落ち着くイメージを持っている。

明かされた真実

冒頭で挙げた究極召喚によってユウナが死んでしまう事実を知るシーンや、ジェクトとシンの体内で再開するときなど、真実が明かされたときや物語の大きな分岐点で流れる曲。こちらは悲しみを増幅させる壮大なアレンジがされており、胸にグッとくる。

いつか終わる夢

ザナルカンドでユウナレスカ戦までずっと流れている曲。「すてきだね」のアレンジ曲だが、現状を打破できず、ユウナレスカのところへ行って究極召喚を得る以外に方法がないとと考えながら進むみんなのどうしようもない、やるせない気持ちが感じ取れる。普段は戦闘に勝つとガッツポーズをするが、ザナルカンドでは誰もガッツポーズをしないところもなかなか凝っているなと思った。ってか全然違う話だけど大塚愛の「プラネタリウム」って「すてきだね」に似てるよね?

まさかパク・・・

挑戦

究極召喚にはガード一人の命が必要であると知り、シンを倒した後にたった数ヶ月から数年しか訪れないナギ節(シンのいない時期)のためにガードと召喚士の命を犠牲にすることに疑問を持ったユウナたちはユウナレスカを倒し、永遠に究極召喚をできないようにすることにした。この時のアローンの「さぁどうする?今こそ決断する時だ。死んで楽になるか生きて悲しみと戦うか!自分の心で感じたままに物語を動かす時だ!」から始まるみんなのセリフがすっごい好き。

戦闘のポーズのままワッカが「ユウナレスカ様と戦うってのか?冗談キツイぜ」が違和感満載で面白い。

この曲を聴くとちょっとだけ人生頑張ろうじゃないかと思う。笑

OtherWorld

シンの体内でジェクトと再会し、ついに親子対決となった時に流れ出す曲。ティーダに「すぐに終わらせてやるからな!さっさとやられろよ!」という言葉がいいよね。

とりあえずヘヴィメタル調の曲調がめちゃくちゃかっこよく、聞いているだけでテンションがうなぎのぼりに上がる。

この曲は夢のザナルカンドでティーダがブリッツボールを始めてシンが登場する時にも流れていたので、夢のザナルカンドのテーマソングといったところか。

ビサイド島

シンに触れて飛ばされて海底遺跡に飛ばされて、リュックにあってほっとしたのもつかの間でまた飛ばされてようやくたどり着いたビサイド島。ワッカやルールー、ユウナ、キマリが住む村もある。暗いところから明るい場面に切り替わってほっとした時に流れる曲。この曲を聴くととても落ち着いた気分になる。そして仕事もはかどる。(きがする)

いい曲です。

バトルBGM(ノーマルバトル→勝利のファンファーレ)

バトル

勝利のファンファーレ

FFなら外せない戦闘BGM。ガラスが割れたような音から始まるこの曲は、テンポ良くとても良い。戦闘BGMを聴くたびにAP稼ぎをしていた思い出が蘇る。この変わらないファンファーレも大好き。(雰囲気は作品ごとに違いますが)

ユウナの決意

自分が究極召喚を行ってシンを倒して死んだ後に、みんなに感謝の気持ちを残すためにそれぞれのメンバーへの想いを記録したユウナのスフィアをティーダが見ている時に流れる曲。上記シーンよりもナギ平原でのBGMとして流れるので、そちらの方が印象が強い人が多いかもしれない。

とても柔らかい曲調で、聞いているだけで癒される。(ユウナがみんなに残したメッセージと一緒に聞くと悲しくなってしまうが・・・)

アーロンのテーマ

アーロンらしい渋くてかっこいい曲。ジェクトのスフィアやアーロンの回想シーン等で使用されているが曲調とは裏腹に若かりしアーロンの幼さがうかがえるシーンで使用されている時もある。当時の心境をアーロンは、

「なにが伝説だあの頃はただの若造だ。何かを変えたいと願っていたが、結局は何もできなかった。それが・・・俺の物語だ。」

と語っている。

祈りの歌

召喚獣が封印されている寺院で流れる歌。バハムートのところに行くと子供の声、ようじんぼうのところに行くと男の声など、祈り子の間で聞こえる歌は召喚獣として封印された人間が歌っている。個人的に召喚獣はアニマが大好きなので今回はアニマの祈り子の歌を紹介する。人間とグアドの間に生まれたシーモアに強い力を授けようと自らを犠牲にして召喚獣「アニマ」となったシーモア母親だったが、逆にシーモアを悪の道へと走らせてしまったようだ。それにしても「アニマ」って本当にかっこいい。でもカオティック・Dはちょっと気持ち悪いかな・・・w

深淵の果てに

オメガ遺跡で流れるBGMで、ピアノから始まる、軽快な曲調が好き。オメガ遺跡は中盤〜終盤のAP稼ぎに何度か利用させてもらったのでとても印象に残っている。曲調とは裏腹に、初めて訪れた時はあまりの強さにビビりまくった場所である。モルボルグレートが大っ嫌いだった。

あとがき

まだまだ紹介したい曲は盛り沢山・・・というか全部いい。

別に今回の10選が全てではなく、ひとそれぞれシーンによって思い入れは様々だろう。

 (ナギ平原のチョコボの曲とか好きというか、攻略するまで永遠と聞かされた感じはあるよねw)

これを機にFF10について知っていただけたらと思う。

というかPS4でもリメイク版出てたのね。(小生、PS3までしかもっていなかったので知りませんでした。)

 

新しい音楽と出会えるアプリAWAが超おすすめ!!

新しい音楽に出会いたい…そんなあなたにおすすめしたいのが無料で新しい音楽と出会うことができるアプリ「AWA」です。

 

AWAの特徴はアーティストや曲名を検索すると、そのアーティストや曲と似た音楽を紹介してくれるという斬新なサービスです。

 

その他にもユーザーが作ったプレイリストを聞くことができ、自分の好きなジャンルの知らない音楽と出会うことができます。

 

【AWAの使用方法】

1. アプリを下記からダウンロードする

 

AWA Music - 音楽聴き放題(アワミュージック)
AWA Music - 音楽聴き放題(アワミュージック)
開発元:AWA Co. Ltd.
無料
posted with アプリーチ

2. プレイリストを検索する

 

たったこれだけ!!めちゃくちゃ簡単に使用することができます。

詳しい使用方法は下記記事からどうぞ!!

www.tedium-life.com