読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

あまりにもIQOSが手に入らなさすぎて消費者庁にまで連絡してしまった話

雑記

f:id:kingqoo3:20160714180202j:plain

(参照:iQOS)

いまや大人気の電子タバコ「IQOS」。アメトーークでIQOS芸人が放送されてからというものその人気はうなぎのぼりでどこを探しても見当たらない。

最近僕も躍起になってそこら中のコンビニを手当たり次第探しまくって聞き込みしてみたのだが、どうやら月に一個か二個程度しか入荷しておらず、予約も受け付けていないところが多い。なんとか予約できるところを見つけたのだが、手に入るのは10月末くらいになるらしい。

 

「え?それじゃあ割引クーポン使えないじゃないか・・・」

 

そう、IQOSの本体を購入する際に7/31までであれば、4600 円OFFのクーポンを使用して本体を購入できるのだ。(クーポンを発行すれば8/10まで使用できるらしい)

でも10月に手に入ってもクーポン使えないよね。どうしたものか・・・

 

そもそも在庫が行き渡っていない状況で、このクーポンの有効期限ってちょっと厳しすぎやしませんか?と思った僕。

 

今回は最終的に消費者庁にまで問い合わせた結果を書いていきたいと思います。

 事の発端

もともと、父親へのプレゼントとして買おうと考えたのが事の始まり。アメトーークでIQOS芸人なるものをやっていてタバコ臭くないなんてめっちゃいいじゃないかと思い、たまたま父親の誕生日が近かったので、プレゼントしようと考えたのだ。もともとIQOSに興味のない父親を説得するのに手間取り、なんとか説得した時にはすでに遅し、どこを探しても見つからない状況となった。

IQOSに連絡してみる

在庫がないのは承知であったが、期間中にクーポンが使えないのはちょっと困ると思ったので、IQOSのカスタマーセンターに問い合わせてみた。このクーポンというのが厄介で、発行する際にどこの取扱店で購入するのかを決めてからでないと発行できないのだ。例えばFamily Martで買うようにFamily Mart専用のクーポンを発行してしまうと、他のコンビニではそのクーポンは使用できず、しかも二度と発行できないという鬼畜仕様である。いくら8/10まで使用期限が延長されても、発行期限が7/31ではあまり延長の意味もない。

 

「クーポンの使用期限前に購入できない可能性が高いのですが、どのように対応したらよろしいでしょうか?」

と質問してみたところ、

「そうですね・・・全力で供給して、お客様の手元に届くように最善の手は尽くしますが、今後このクーポンをどうしていくかについてはまだ何の見通しも立っていない状況でして・・・」

という曖昧な返事しかもらえずこのままではクーポンを使用して購入できない可能性が非常に高いことがわかった。

 

供給できないのはしょうがない。たまごっちだってデジモンだってそんな時期はあったのだ。そこに関しては僕も納得できる。しかし今現在需要過多の製品に対して期間限定のクーポン、それも半額くらい補助するようなクーポンを発行するのは如何なものかと考えたのである。

 

別にこれで僕の手元に手に入るという話でないのはわかるが、見通しが全く立たないでただただ謝るだけの対応に少し不満を持ったし、ちょっと気になったので近くの消費者センターに問い合わせてみることにした。

消費者センターの対応から消費者庁への連絡まで

IQOSが手に入らない状況で期間限定のクーポンが使用できなくなる旨を伝え何か問題と思われる事がないか問い合わせてみた。その結果気になる点は以下の箇所という事になった。消費者センターの担当の方と話した事をまとめると下記の通りである。

 

 

Q.需要過多で購入が難しい製品の期間限定クーポンについて違法性があるのか?

A.現段階で違法性があるとは言えない。おとり広告の可能性も考えたが、全く購入できないわけではないので、違法性があるとは言い切れない。

Q.クーポンを発行する際にIQOSに会員登録しないといけないが、その際に免許証等の個人情報登録の必須項目が存在する。クーポンを使用するために購入できると思って会員登録をしたが実際には購入できずに会員登録だけで終わる事例が結構あると思うのだが、その場合個人情報の不正取得に当たらないのか?

A.クーポンの取得という目的のために会員登録を自発的に行っているため、個人情報の不正取得には当たらない。

 

丁寧にやり取りいただき、国民生活センターの方とも連携して話し合ってくれたみたいだ。景品表示法等についても考えてくれたがやはり現段階で違法であると言い切れる部分はないらしい。あくまで今回は消費者センターの担当の方と話し合った内容であり消費者センターの意見ではない。今回僕が提供した情報が消費者センター内で最終的に問題であると認識された場合、消費者庁まで情報が届く仕組みになっている。そこまでにはそれなりの期間がかかるので、クーポンの期間も考えると、その期限内に何かアクションが起こる可能性は皆無だろう。基本的な流れは消費者センター→国民生活センター→消費者庁という流れらしい。

 

アドバイスとして消費者庁に直接連絡しておくのも一つの手だということで、消費者庁に電話したところ、文面でお問い合わせから送ってくれとのことだったので消費者庁ホームページのお問い合わせから、消費者センターの方と話し合った内容も含めて書面に書き起こして連絡しておいた。

あとがき

これだけのやり取りをしたからといって、IQOSが手に入るわけではない。しかし、この期間限定クーポンについて疑問を持ったので、どこに連絡すればいいのかもよくわからないまま消費者センターに連絡してみた。消費者センターは親身になって話を聞いてくれたので個人的に満足した。(動いてくれるかは別の話だが。)

今回の事例で法律に関しても勉強になったこともあったのでなかなかいい経験をした。

 

今現在朝早くからIQOSショップに並べば手に入るという話なので、最終的には並んで手に入れようと考えています。

そもそもIQOSの期間限定クーポンはかなり前からあって度々延長されて今の期間になっているので、あまりIQOS側を責めるのも難しいよね・・・。もっと早く買っておけよってことなんだけど話題にならないと買おうとまで思わないしなぁ。

 

はい、そんな感じでした。

 

まだ品薄なので、定価で買うことは厳しいですが、「すぐに欲しくなってしまった!!」という方は、少し高くなりますが楽天で購入してみてはいかがでしょうか?

 

▼ こちらから購入できます ▼