読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

四国や東海の沖合で特にひずみ・・・それだけでは恐怖心をあおっているだけで意味がない

雑記

東日本大震災や最近の熊本地震。

地震はいつどこで発生するのかがわかっていないのが今現在の状況。

 

で、最近はてブの人気エントリーに掲載されていたNHKの「南海トラフ 四国や東海の沖合で特にひずみ」という記事・・・

 

この記事を読んで違和感を覚えたのは僕だけなのだろうか?

 

「南海トラフ 四国や東海の沖合で特にひずみ」

 

ふむふむ

 

で?

 

一般の人がこれを見ていったいどうしろというのか?

毎夜毎夜いつ地震が来てもおかしくないという恐怖に怯えながら寝てくださいということなのだろうか?

(個人的には地震がとても怖くてこういう報道を見ると、恐怖で怯え上がりその日1日は怖くて夜眠れなくなってしまうのです。)

 

地震学者にとって、これは重要なデータが取れたというニュースなのだろうが、一般の方にとってはすぐにでも地震が来そうにしか捉えることができない。

 

一般的に見ると、なんか赤いところがやばそう・・・としかわからない。そして、まるでそこで地震が発生するかのように捉えられてしまう。

 地震は予知できるのか?

素晴らしい予言者でもない限り予知はできないだろう。ただし、「予測」することは可能だと思う。可能ではあるがここ何十年と研究して、予測できていない。緊急地震速報が導入された効果はかなりあるが、数日後に起こるとか、具体的な数値でいつ起こるかを予測できる日は気が遠くなりそうである。

 

最近起きた大きな地震といえば下記の通りである。

(犠牲者の多い地震をピックアップした)

 

1995年 1月17日 阪神・淡路大震災 (死者6434名)

2004年 10月23日 新潟県中越地震 (死者68名)

2007年 7月16日 新潟県中越沖地震 (死者14名)

2008年 6月14日 岩手・宮城内陸地震 (死者23名)

2011年 3月11日 東日本大震災 (死者約19000名)

2016年 4月14,16日 熊本地震 (死者計58名)

 

死者の少ない地震や、死者の出なかった地震を合わせると、もっと多くの大きな地震もある。これだけ地震が頻発しているのになぜ予測できないのか?

それは「予測」研究のサンプルとしては地震の発生数は非常に少ないためである。

 

数十回数百回程度では、統計論からして予測値に大きなばらつきが生まれてしまう。工場の生産ラインで品質管理の耐久テスト、不良テストを仕事としている人なら分かるだろう。そんな程度の回数では何も予測できないし不良ができているのかもわからない。

 

数十年前に、30年以内に南海トラフ地震が発生する確率は70%以上と謳われていても発生しなかったが、これは決して30%を引いたわけでもない。予測の信頼度が非常に低かったためと思われる。そして最近また30年以内に起こる確率が70%以上というデータが出ている。(数十年前と比べるとサンプル数も増加し、知見も増えているのでその時よりかは精度が高いかもしれないが)

 

また、すべてが同じ条件で発生しているならいいが、地震にも海溝型と断層型と種類があるし、すべての断層帯が網羅されているわけでもない。

地震が発生して初めてそこに断層があったと把握できるケースもある。(というか日本はいたるところに断層があるので、いつどこで断層型地震が起きてもおかしくないのである)

 

もちろんこれからも地震を観測していけば少なからず予測の信頼度は上がっていくだろうが、数日後に地震が起きる程度まで予測できるのは数百年はたまたそれ以上先かもしれない。

 

予測に投資するよりも、建築技術、家屋の補強、インフラの整備に投資したほうがいい

f:id:kingqoo3:20160526204553j:plain

参照元:過去に観測された最大震度分布|古地震.net

 

先日話題になった、これまでに観測された最大震度の分布を見てもらえれば分かるとは思うが、ほとんどの地域で震度7が観測されている。

こんなところに昔から住んでいる日本人というものは本当にイカれてやがるなって思うよね。(そんなこと関係なしに僕はイカれている)

 

これを画像そのままとらえちゃうと、地震が怖いから逃げようって言って隣の県に移動したらそこで震度7が発生する的な、もうどこにも逃げ場がない感じ。唯一岡山毛なたりが大きな地震が起きていないと言えるのかな?

 

しかしこんなにそこら中で地震が起きているのに、なんで今生きているのか、奇跡であるとしか考えられない。

 

やはり精度よく予測ができるのであれば地震予知、予測に投資はしたほうがいいが、それが数百年も先の未来ならば、建築技術、家屋の補強、インフラの整備に投資したほうが今はいいのではないか?と思ってしまう。

 

今地震の予知予測の研究に投資している額をインフラの整備、耐震補強等に使うことができれば最小限の犠牲者で済むような、より安全な建物の整備ができると素人ながらに思ってしまう。

 

予測、予知に投資しまくって、研究が成功して予測ができるようになった頃に、それまでの地震や津波の被害で犠牲者何百万人という結果になってしまった方が日本の未来は暗い気がする。

 

あとがき

結局何が言いたかったのか、話が脱線してしまったが、恐怖心をあおるような報道だけで終わるメディアなら、それはただただ恐怖におののくだけで何の役にも立っていないということ。

 

恐怖心をあおるような報道だけなら本当にやめてほしいと思います。

 

そんな恐怖心をあおるような報道にお金をかけるのであれば、地震が来る前にどうゆう備えをしたほうがいいのか、その具体的な準備方法や準備するものなど、あらゆるシチュレーションの時にどういう行動をしたほうがいいかというところまでしっかりと掘り下げたような内容の放送して欲しいと個人的に思ったのであった。

(家屋が倒壊するレベルの家で大地震が発生した時に机の下に隠れるだけで助かるのかは疑問しか残らない。)

 

NHKさん、民放じゃなくてしっかりと視聴者がしっかりとお金を払っているのだから、お願いしますよ。

 

NHKだけじゃなく、他の放送局、インターネットメディアでもなるべく恐怖心だけをあおるような報道は本当にやめてほしいと思うのであった。(2062未来人のオカルト南海トラフ予知でも恐怖で怯えておりました)

 

関連記事

とりあえず備えておけば安心ということで、来る大地震に備えて準備すべきものを下記記事に思いついただけまとめておきました。

これが足らない!あれもいる!こんな利用方法があるなど、足らない情報がありましたら教えていただけると幸いです。

随時更新させていただきます。

 

www.tedium-life.com