徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

免許の更新が面倒臭い…運転免許の更新になかなか行けない原因と解決策を紹介します

f:id:kingqoo3:20170323175713j:plain

 

ども、つれづれです。

みなさん運転免許証って持っていますか?

 

社会人であれば大体持っているであろう運転免許証ですが、その更新って行くまでに結構覚悟がいるのは僕だけでしょうか?笑

更新料払って講習受けてみたいな感じで進んでいき、大体1時間ぐらいで済んでしまうようなとっても簡単な内容なので、運転免許の更新ハガキが届いたらすぐに行けばいいのですが、僕にとっては色々と障壁があってなかなか重い腰が上がらないものなのです。とはいうものの、さすがに期限内に行かなければならないのでそんな重い腰をあげて更新に行ってまいりました。

普通にハガキが届いたらすぐに更新に行く人は「え、なんですぐに行けないの、アホじゃね?」と思うかと思いますが、今日はそんな僕が感じる障壁とその解決方法をつらつらと紹介したいと思います。5年に一度しかないというのがかなりネックだったりしますよね…笑

 

 

障壁1:視力が合格しない気がする

簡単にいうと視力が片目0.7以上あると合格なのですが、最近は外に出かけることも多いわけではないし、昔みたいに黒板の文字が見えなくなった的な不自由もなく、目の前のパソコンの文字やスマホ、本の文字が読めるのであればそれでいい的な感じでメガネとコンタクトを使用してきたので、数年前から度数は全く買えていないのです。

そうなるの果たして僕は0.7以上も視えるのか…と考えるとめちゃくちゃ不安になってしまいます。笑

だってもし視えなかったらじゃあまた後日と言われて再び視力検査を受けないといけないとなるとかなり面倒くさいですよね。

 

はっきり言って不安しかないので、その不安を解決するためには「眼科に行って視力検査しなきゃ」とか、「新しいコンタクトを度数一段階あげて買い足すか。でも、これだけのためだけにあまり使わないコンタクトを買い足すのか?」、「それならメガネ男子で写真に映るのか、今後5年間の運転免許証はメガネ男子の写真で行くのか?」、「そもそもメガネ自体の度数も足りているのか?」とか色々考え出すと…もういきたくなくなってしまいます。

 

解決策

自分で考えてもよくわからなくなったということと、いつも指しているドライアイ用の目薬が切れたということをきっかけに、とりあえず眼科に行ってみました。

で、視力検査を受けてみたのですが…メガネだと0.9以上でコンタクトだとギリギリの0.7以上という結果に。

先生も、「ギリギリなんで、もし通らなかったらまたお越しください。」的な感じのことをおっしゃったので、これを機会に格安のコンタクトをネットで買う決心をすることができました。

 

普通に定価で購入すると結構高いですが、ネットで買うと安いのでめちゃくちゃ便利ですよね。もちろんよくわからないメーカーだと使用するのに勇気がいる…というか単純に目にどんな影響を及ぼすのかわからないので、いつも使っているコンタクトメーカーの一段階上の度数を購入して、視力問題は解決しました。

コンタクトは楽天で気軽に購入♪

 

障壁2:顔付近のおしゃれをしないといけない

普段の僕の生活といえば自分の部屋にこもりっきりのサイテーな生活をしているわけで、そんな生活をしていると顔ぐらいは洗いますが髪の毛はボサボサのもうサイコーな状態になっているわけです。

写真写りなんて別に気にしないよ!!なんていう人はいいですが、世間体は綺麗に保ちたいという気持ちが前面に出てしまう僕にとって、写真とは気合を入れて髪型をセットして写るものと考えているわけです。しかも僕の場合顔のパーツがそこまではっきりしていないタイプなので髪型1つで顔が全然変わってしまうわけで、そんな中でもせめてベストショットを撮っておかないと今後5年は悔やむ事になってしまいます。

そうなるともう…面倒臭くてしょうがない。笑

 

さらにいうと髪の毛も切らないといけないわけでいつ切るかとか、美容院の予約はどうするのかと考えると…もう免許証なんていらないかもなんて。(それは嘘ですw)

 

解決策

答えはとても簡単で先に免許更新に行く日を決めて、免許更新に行く日の一週間以内に美容院に行って髪を切ってもらう事で解決しました。

具体的にいうとちょっとゴタゴタがあったので、髪を切ってもらってから一週間以内ではなく二週間以内になってしまいましたが…まぁ良しとしましょう。笑

 

でもこれって時間がある人が立てられる予定であって、普通に時間がない人はこんな短期間のうちに美容院に行って免許更新に行くって予定がうまく立てられない人もいると思います。

これは愛知県だけなのかはよくわかりませんが、事前に持ち込み写真による免許証作成の希望を運転免許試験場に連絡しておけば、申請用の写真を当日ではなく一番ベストな日に取ることができ、それを持参して免許証を更新できるので、本気を出したい方は持ち込み写真でバッチリ決めることが可能です。僕も次回からはそれでやってみようかと考え中です。(もう五年後ですがw)

 

障壁3:休みが取れない

僕の場合、フリーランスでフラフラしているので、いつでもいけるのですが、これが逆にいつでもいけない状態になっていました。笑

いつ行ってもいいのですが、面倒臭いことは後回しにしてしまうので、「いつでもいけるし余裕でしょ!!」と思っていたら気づいたら期限一週間前になっておりました。笑

こういうことはチャっと片付けた方がいいことはわかっているのですが、なかなか難しいんですよね。

 

解決策

もう行く日を確定して、そこに標準を合わせて他の処理をこなす、仕事もしっかりとスケジュールを立ててその日は空けるようにする。

社会人として当たり前のことなのですが、これがなかなかできません。

以後、気をつけます。笑

 

普通に会社に勤めている方に朗報ですが、優良運転者(無事故無違反)であれば日曜日にも更新できるので、その方が空いていますし、オススメですよ!

 

気合を入れた結果どうだったのか…

さてこんなことをモヤモヤ考えていたらもう期限がほとんどなくなってしまったわけですからこれほど気合を入れて視力検査もクリアしてさぞかしいい写真が撮れたと思い、僕もワクワクしながら講習後に免許証をもらったのですが、その時の第一印象はというと、

 

「5年という期間はこんなにも歳をとらせるものなのか…」

 

という絶望でした。笑

やっぱりおっさんはおっさんで、年齢には勝てないというものを顔写真から感じてしまいました。

また5年後が本当に怖い…

 

あとがき

ということで、たかだか運転免許証の更新で色々と考えてしまいなかなか更新することができませんでしたが、絶望しながらもなんとか更新完了することができ、無事故無違反であればまた5年後に訪れる作業となったのでした。

 

みなさんもこの日に絶対に免許の更新に行くのだと日にちを決めたからその日に向けて準備をすれば、僕みたいにあーでもないこーでもないとモヤモヤ考えることなく免許の更新に行けること間違いなしだと思います。

 

そして更新して気がついたこと…やはりどれだけ取り繕っても年には勝てない。笑