徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

葬儀について考える機会があったので、費用や葬儀の種類などを紹介します

f:id:kingqoo3:20170307181007j:plain

 

ども、つれづれです。今日はちょっと暗くなってしまう話になります。

皆さんは葬儀について考えたことがあるでしょうか?

おそらく大半の方が今まで生きてきて親類を亡くした経験がある人が多いと思います。

 

僕自身遠い親戚がなくなったことはあるのですが、僕が今まで生きている中で2親等以内で今までなくなったのが3歳の時の母方の祖父だけで、それ以降誰も亡くならずに元気で過ごしています。つまり、身近な人が亡くなるという悲しみを直接的に感じたことがありません。なので葬儀とか亡くなるとかそう言ったことを最近考えたことはありませんでした。

 

ただ、僕の父方の祖母の姉に当たる方(以下、Aさん)が今体調を崩しており、今は回復してきているものの危篤状態に陥ったこともあり、今現在油断できない状況にあります。

父方の祖父母の姉というと遠い親戚のように感じますが、特殊な家庭で祖母とその姉同士が一緒に住んでいたこともあり、僕が小さい頃から成人するまで本当にお世話になった方なので、本当の祖母のように感じるわけです。

そんなAさんが危篤になってしまったというわけで、葬儀はどうするべきかという話が持ち上がりました。

Aさんは現在90歳を超えた高齢で、最近は介護老人保健施設で暮らしており、息子さんが一人いたのですが僕が生まれるかなり前に既に亡くなっており、一番近い親戚というとAさんの兄弟か甥、姪に当たる僕の父と父の妹ぐらいしかおりません。

貯蓄もそこまでないために、最終的には僕の父と父の妹がお金を出し合ってなんとか葬儀費用を当てるという話になってはいるのですが、先ほども言った通り僕の祖母とその姉同士が一緒に住んでいるため、その方達の今後のお世話もしていかなくてはならないと考えると、なるべく費用を抑えた形で、かつ納得いく式を挙げたいと考えているのが現状です。

 

そんな話から、どんな葬儀形態があるのか、そしてどれくらいの費用がかかるのかが気になったので、今日はそんな葬儀の具体的な中身について紹介したいと思います。

結構お金の話が出てくるので、「葬儀をお金で考える人は嫌い!」的な人はそっとこの記事を閉じていただけたらと思います。

 

 

葬儀は大きく分けると2種類ある

葬儀は大きく分けると近くに住んでいる町内の方や、仕事関係者などを読んで行う一般葬と近親者のみだけで行う家族葬の2つがあります。

 

今回葬儀屋さんにもお話を伺い、検討した中で出てきた案は家族葬でした。

Aさんは町内の方との接点もほとんどなく、高齢なので仕事関係者もいないということから家族葬で行うことで検討していくことになりました。

ここで個人的に思ったのが、「家族ってどこまで?」というところでした。家族というと2親等までと勝手に思っていたのですが、そこまで厳格な定義もなく近親者だけではなく親しくしている友人がいたらその人たちを呼んで行っても家族葬と言うようです。公に公開しているかしていないかの違いっぽいですね。

 

葬儀の仕方にも3つの種類がある

大きく分けると、お通夜をしてその次の日にお葬式という方法以外にもお通夜なしの1日葬、葬式自体も行わない直葬の合わせて3つ葬儀の仕方があるということを知りました。

僕が行ったことがあるのはその2つがセットで行われているものだけだったので、結構驚きました。

 

お通夜、お葬式の全ての儀式を執り行った方が故人が浮かばれるような気もしますが、亡くなった本人の意向や残された人たちの考え方によってはお通夜やお葬式を行わない直葬でもいいのかなと個人的には思いました。

直葬と言っても亡くなってから24時間は火葬することができないという決まりがあるらしく、その間は自宅か斎場で安置することとなります。その間に親戚同士で集まってご飯を食べながら故人の想い出に浸るだけでも浮かばれるのではないかと思ったわけです。

 

今後どんな式にするのかは親戚同士で話し合って決めていくことになるとは思いますが、全ての方法を検討して自分たちのでき得る範囲の中で一番良い方法と思えるものを決断していくことになります。

お金を使いすぎてしまった結果、残された人たちが生きていくのが苦しくなってしまうような状況になっては、亡くなった方も浮かばれない気がしますからね。

 

最安値の料金は15万円~

昔は葬儀の値段というものはあまり公表されておらず、僕の両親もネットで調べても出てこない、直接葬儀屋さんに聞かないといけないものだとばかり思っていたようですが、調べてみると普通にありました。笑

http://www.お葬式なら格安葬儀.net/

 

ネットで調べてみると一番簡略的な直葬で15万円程度から行うことができるとのことです。1日葬であれば30万円程度、家族葬であれば40万円程度、一般層であれば50万円程度から行うことができるようですね。

実際に近くの葬儀屋さんに行って話を聞いてみましたが、1~3万円程度の差はありますが、そこまで値段の差を感じなかったので、近くの葬儀屋や自分が行いたいと思った葬儀屋さんで行えばいいという風に感じました。

(これもティアのおかげなのかなと勝手に思ったり。笑)

 

あとがき

ということで今回は葬儀について調べる機会があったので、調べた結果や葬儀屋さんに実際に聞いた話を紹介させていただきました。

暗くなってしまう話題ではありますが、人間生きているのであれば誰もが通る道ではあるので、冷静にこうやって考えてみるといいかなと思います。

 

別にお金をかけなくても、自分たちが納得のいく形で送り出すにはどうすれば良いかという軸で考えると、あとで後悔することもないと思いますよ。