徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

おすすめ!! ヒラメ・マゴチ狙いで定番の、よく釣れるおすすめルアーを紹介する

秋から冬にかけて釣れる魚といえば…ヒラメですよね。

そしてヒラメを狙っていると食ってくるのが…マゴチですよね。

今回はそんなヒラメ、マゴチにフォーカスしたおすすめのルアーを勝手に紹介していきたいと思います。

 

紹介しているルアーのカラーはゴールドが多いですが、ヒラメを主軸にして紹介しているためです。

紹介したルアーのピンク系を選ぶとマゴチ狙いに特化したおすすめルアーとして活用できるようになりますので、参考にしていただければと思います。

 

それではどうぞ!

 

シマノ ルアー 熱砂スピンドリフト 90HS

 

ルアーのカテゴリでいうと「ヘビーシンキングミノー」のルアーです。

ただ巻くだけで上下左右に激しく揺れて猛烈にアピールできるのがこちらのルアーの最大の特徴です。

もう一つの特徴が飛距離。90HSの場合重さ27gと結構重量があり、かなりの飛距離を生み出すことができます

 

また、ヘビーシンキングミノーなので、より深く潜ることができ、ヒラメにアピールできる底から50cm付近で猛烈にアピールできること間違いなしです!

 

ヘビーシンキングならではの重さと安定性で多少波風が強くても使用できるのもおすすめポイントの一つ。

 

飛距離も出て、猛烈にアピールできるので、とりあえず一つは持っていたいルアーですね。ヒラメ狙いであれば、色はヒラメゴールド、マゴチであればピンク系がおすすめ。

 

また、最近ではAR-C重心移動システムを採用した、さらに安定的な飛距離の確保と魚へのアピールができるスピンドリフトも登場しています。

 

 

こちらは80mm,110mmの2パターンの大きさがあるので、その場所のベイトフィッシュの大きさに合わせて使い分けるといいと思います。

 

これらスピンドリフトはかなりの人気なので、店頭に行ってもなかなか好きな色の在庫がなかったりするんですよね…

 

シマノ ルアー 熱砂 ヒラメミノーIII 125S AR-C

 

 

名前に「ヒラメ」が入ってしまうほどヒラメに特化したルアーがこちらのルアー。ルアーのカテゴリでいうと「シンキングミノー」になります。

発売からさらに進化を遂げ、「AR-C VRシステム」を採用してより遠くへ飛ぶようになり、泳ぎの安定性も向上したようです。

 

風のあまり強くない日であれば、先ほど紹介した「スピンドリフト」よりもより魚にアピールできるので、ローテーションの一つとして持っておいた方がいいでしょう。

 

またこちらのルアーはレンジを調整してシーバスや青物狙いにも大活躍するルアーなので、様々なターゲット狙いにしようできる、オールラウンダーな面も持っています。

 

したがって様々なカラーを使用して、幅広い魚種を狙うことができるのもこのルアーの大きな特徴です。

 

デュエル(DUEL) ハードコア ヘビーシンキングミノー110

 

カテゴリでいうと名前にもある通りヘビーシンキングミノーのこちらのルアーですが、110mmのタイプは3フックを採用しており、ヒラメ、マゴチにオススメのルアーとなっています。

 

早巻きをしなくても遅巻きでもしっかりと魚にアピールしてくれるので、使い勝手が良く重宝するルアーです。

 

もちろん大きさと重みも十分にあるので、広範囲を狙うにはとても適したルアーとなっています。

 

こちらもヒラメやマゴチだけでなく、青物やシーバスも狙えるルアーなので、ルアーローテーションの一つに入れときたいルアーですね。

 

デュオ ルアー ビーチウォーカー アクシオン

『ヒラメハンター』こと堀田光哉の持つノウハウを惜しみなく使用して作られたルアーということで、ヒラメのためにだけあるルアーといっても過言ではないでしょう。

 

95mmの大きさで重さ30gという「高比重ボディ」と「直列レイアウト」という外形によって、空気抵抗や横風のストレスを軽減し、メタルジグに迫る安定感のある飛距離を生み出しています。簡単に飛んでくれ、また安定して泳いでくれるので、初心者にとってもとても扱いやすいルアーとなっています。

 

巻くスピードによって生み出す波動が違うので、様々なスピードを試してヒラメやマゴチを広範囲で探ってみるのにおすすめのルアーです。

 

シマノ ルアー 熱砂 スピンビームTG

 

やはりメタルジグでもシマノの熱砂がおすすめですね。

風の強い時、波が高い時、潮の流れが速い時、なかなか狙ったポイントにルアーを落とせない…そんな時に活躍するのがこのルアーです。

 

他のメタルジグでは出せないヒラメならではの特徴に合わせて設計されているので、他のメタルジグよりもより釣果が期待できるおすすめのルアーとなっています。

 

メタルジグならではの性能とヒラメに特化した設計で、ハードな場面でも活躍の期待できるメタルジグとなっています。

 

釣りなんて仕事休みの土日しか行けないからなかなか天候を選べない…そんな人たちのために活躍が期待できるルアーなので、絶対に一つは忍ばせておいた方がいいルアーです。

 

DUO(デュオ) ビーチウォーカー ハウル

今まで上げてきたルアーではなかなか釣果が出せない…。

ヒラメ、マゴチがいるはずなのにすれていてなかなか食いついてこない …。

 

そんな時に大活躍するのがこちらDUOのビーチウォーカー「ハウル」です。

ベイトフィッシュの形をしたジグヘッドに独自のワームをつけることで独特の動きを演出し、ヒラメやマゴチを引き寄せることができます。

 

こちらのワームは最近、ヒラメ、マゴチの釣りでは鉄板になっているルアーで、かなりの釣果が期待できます。

 

基本は「ただ巻き」で、アピールしたいときは「ストップ&ゴー」、「リフト&フォール」でアピールしましょう。

 

ヘッドの重さを変えることで、ハードな場面でも活躍し、飛距離も伸びて広範囲を探ることができるので、特にサーフの釣りでは必ず一回は使用してみた方がいいというくらいおすすめのルアーとなっています。

 

マゴチにはピンク、ヒラメには白系で攻めると個人的にはいいと思います。

 

パワーダートヘッド+パワーシャッド

 

 

こちらもハウルと同様、なかなかハードな環境でなかなか釣れない時の最終兵器として活躍するルアーです。

パワーシャッドの頭を切り、ヘッドに刺すことによって、魚のような形になるソフトルアーです。

 

タチウオをターゲットとして作られたルアーではありますが、その独特の動きがマゴチやヒラメの食欲をそそるらしく、かなりの実績を出しているルアーのひとつです。

 

なかなか釣り上げることができない、周りは釣れているのに自分だけ釣れない、魚はいそうなのに釣り上げられない。

 

そんな時の最終兵器として使用してみることをお勧めします。

これで釣れなかったら…そこに魚がいないといっても過言ではないでしょう。笑

 

ヒラメ、マゴチにオススメのロッド、リール、ライン

ルアーだけ紹介しても実際にヒラメやマゴチ用のルアーにしっかりと対応したロッドやリールで挑まなければ飛距離も伸びないですし、操作性も悪くなってしまいます。

そこで今度は個人的にオススメしたいロッドとリールを紹介していきたいと思います。

シマノ NESSA(ネッサ)

 

まさにヒラメを釣ることだけに特化したロッドとなっていて、40g程度の重みのあるジグや軽量な小型ミノーまで幅広く対応できるのでめちゃくちゃおすすめです。

サーフで発生する流れの変化によるルアーアクションの変化や魚のショートバイトなど小さな変化も詳細に捉えることができ、その時間帯にどのような立ち回りをすればいいのかなどの情報を察知することが可能です。

もちろん小さな変化も見逃しませんが、パワーと重みのあるヒラメの猛烈な突進も受け止めることができるほど強靭でクッション性も高くなっているので、あらゆる状況にしっかりと対応できるようになっています。この柔軟性は3ピース並継設計を採用しているからこそ実現できているのです。

これだけ強靭で柔軟性を兼ね備えているものの高性能カーボン「マッスルカーボン」と、「スパイラルX」+「ハイパワーX」のダブルX構造を採用しているため従来と比較するとロッドポテンシャルが飛躍的に向上しています。

上位のモデルである下記daybreak versatileだと50,000円程しますが、

最初に紹介したモデルであれば30,000円以下で購入することができるので、コスパも最強です。是非一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

シマノ ストラディック CI4+ 4000XGM

 

コストパフォーマンスが良く、しっかりとヒラメをキャッチすることができるという観点でオススメのリールは「ストラディック CI4+ 4000XGM」 です。

新開発「NEWマグナムライトローター」を搭載することで回転慣性が約14%も軽減されていることにより大幅な軽量化、巻き出しの軽さが可能となっているのです。ローター剛性を最大30%も強化しているのでさらに頑強な作りになっています。

またボディ素材、ローター素材には軽量カーボン素材であるCI4+を採用し、体感的な重さを軽減するGフリーボディなどを装備することで優れたクイックレスポンスを実現しています。
精密冷間鍛造「HAGANEギア」、防水性を高める「コアプロテクト」などの高耐久性能も充実。幅広い釣りに対応するマルチユースなクイックレスポンスモデルとなっているのでヒラメ以外でも活躍すること間違いなしのリールでオススメです。

 

よりハードな環境で戦いたいという方は少しお値段が張りますが、剛性が高く巻き取る力も強いヴァンキッシュもオススメです。

 

ライン

【PEライン】

コシがあって使いやすく、初心者の方が使っても安心して釣りができるのでパワープロはおすすめです。1号くらいの太さであれば問題なく使用できると思います。

より感度に優れ遠投した時のルアーの挙動をしっかりとキャッチしたいという中級者以上の方にはミッションコンプリートというラインもおすすめです。

(パワープロと比較すると結構お値段は張りますが…)

 

【ショックリーダー】

ショックリーダーのオススメはエクスセンスですね。

上記リンクは5号の糸になっていますが、6号ぐらいあると安心してヒラメとのゲームを楽しめると思います。

 

あとがき

今回は特にヒラメ、マゴチにフォーカスしておすすめルアーを紹介してみました。

僕もまだまだ初心者で、全然知らないルアーもたくさんあるのでもっといいルアーがありましたら教えていただければと思います。

また今回はロッドとリール、ラインに関しても紹介させていただきましたが、より確実にヒラメをキャッチしたいのであれば今回紹介したレベルのタックルセットは持っておいた方がいいかなというのが個人的な見解です。

ヒラメに特化したロッド「ネッサ」はめちゃくちゃおすすめですよ!

 

こちらの記事もおすすめ!!

Pick Up!! 絶対おすすめ!! ブラックバスで定番のよく釣れるおすすめルアー10選

Pick Up!! 【初心者必見!!】ポイント別のおすすめシーバスルアーを紹介する