読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

【釣果】早朝からサーフで粘った結果・・・

趣味のtips

f:id:kingqoo3:20160829112809j:plain

※写真はイメージです

先日記事に書いた通り、先週末サーフでマゴチ、ヒラメ狙いで釣りをしてきました!!

初サーフデビューということで、ワクワクしながら挑んできましたが・・・やはり海が荒れておりました。

なんとか釣りはできたものの、釣り人もほとんどおらず、「これは釣れそうにないなぁ」感が満載のまま実践終了!

でも釣果(笑)は上げてきましたよ!

ということで、書いていきたいと思います。そして今回は写真を何も取っていないので文章だけでお楽しみください。笑

日の出前くらいに最初のポイントに到着!!

今回は愛知の東側、田原〜伊良湖岬で釣りをしてきました。(伊良湖岬も今は田原市になってるんだっけ?)

最初のポイントは多分高松一色海岸ってところ。なぜ多分というと、友達に連れられて行っただけだったので、あんまどことか意識していなかったから。w

着いた瞬間友達の顔が暗い表情に。

僕「これは釣りができない状況ですかい?」

友「そうね、波が高すぎて海底も荒れてそうだからちょっと厳しいかな・・・。釣り人も誰もいないし。」

ということでここは諦めてステチェンへ。

赤羽根のサーフへ

赤羽根ロコステーションという施設から少し入ったところにある砂浜を見ることに。やはりここも波が高く、釣りができない状況ということ。というか釣り人がいない。w

釣りとは関係ないですが、どうやら近々サーフィンの大会がここであるらしいです。伊良湖ってサーフィンの場所として結構有名らしいですね!!噂によるとあのキムタクも来ているとか。

昼間は観光客でいっぱいになるらしいですけど、この道の駅にそんな魅力があるとは思えないのは僕だけなのか?確かに海が眺めることができてきれいなきもしますが。w

伊良湖岬・恋路ヶ浜へ

三度目の正直ということへ伊良湖岬恋路ヶ浜へ。まさに観光地のど真ん中で名前の通り恋人たちも多数来訪することから昼まで釣りをする際には強靭な精神力が必要な場所である。とりあえず到着し、海を眺めてみると、

友「これなら竿が出せそう」

僕「マジか」

友人に聞いてみると、波は高いが、底はそこまで荒れていなさそうで波の形から海底の地形も読みやすいとのこと。僕にはあまり判断がつかなかったが、釣りができると聞いてテンションはMAXに。早速釣りの準備を始める。

とりあえずお得意のIP-26をぶん投げてみるものの、特に当たりはなし。友達オススメのハウルに変更して、そこらじゅう探ってみたもののこちらも当たりなし。小一時間ほどやって再びステチェンへ・・・暗雲立ち込める。

フェリー乗り場付近のサーフへ

伊良湖岬のフェリー乗り場付近もポイントだということで、今度はそちらに移動。到着すると今度はかなりたくさんの釣り人と・・・・サーファーが。w

サーファーが占領していた場所は昔釣りポイントだったらいいのだが、今ではサーファーが占領していて釣りができないのだとか。「サーファーとか消えてしまえ」と思うのだがサーファーからしたら釣り人をそういう風に見ているだろうし、第三者の目的にはどちらも同レベルだからなんとも言えないなと思いながら空いている砂浜へ。

しばらく投げていると友達がニヤニヤしながらこちらへやってきた。

まさか!!と思ったら、スレがけの小さなヒラメ!?・・・いや、カレイだった。

それでもルアーで釣れた(?)ことに興奮を覚えた僕は無心に投げまくった。何も考えずに何度も何度も投げまくった・・・が釣れず。

友達もそれ以来何も引っ掛けなかったので、再びステチェンへ。

西の浜へ

キスやカレイのメッカとして知られる西の浜へ。着いてみると、波は穏やかなものの釣り人がいない。とりあえずランアンドガンということでここでひたすら粘る。するとついに僕の竿に・・・

 

「ゴン!!」

 

キタキタキターーーーー!めちゃくちゃ興奮して巻いてみる。しかし重みがあるものの当たりが弱い。これはまさか・・・・

メゴチのスレがかりでした。w

でもこれ釣れたってことでいいよね?絶対ルアー捕食じゃなくて引っ掛けて来ただけだけど。w

そんなこんなで2時間ぐらい投げたものの全く何もなし。ここでついにルアー釣りを諦めることとなりました。

後でネットで調べてみたら、西の浜ってルアー釣りの場所としてはあんまり情報がありませんでした。ルアー釣りでは釣れないのかな?

白谷海岸で楽しくエサ釣り!

坊主は寂しいということで、餌を購入してエサ釣りをすることに。開始そうそうキスがかかる!そしてまたキスがかかる!

・・・エサ釣りならこんなに簡単に魚が釣れるのに、本当にルアーフィッシングというものはなかなか釣れないというとこをやるたびに痛感します。

結局二人でキスやメゴチ、ハゼなどを20匹程度釣って納竿。坊主じゃなくてよかった。(エサ釣りしている時点でありえないかw)

家に持ち帰った後に写真を撮るつもりが、母親にさっさと調理されてしまって撮り忘れ、何も証拠がないまま今回の釣りは終了を迎えました。w

今回使用したルアー

コアマン IP-26

こちらのピンクイワシをぶん投げていました。とりあえずこのルアーの特徴はめちゃくちゃ飛ぶということ。飛距離が半端なく出ます。ただあまり底ばかりで動かしていると早々にメッキがはがれるのでご注意を。

DUO ハウル

今マゴチ、ヒラメ狙いの人には鉄板のルアーらしい。確かにネットとか見ているとみんなと言っていいほどハウル使用者が多い。今回は風が強かったため、27gの割と重めのハウルヘッドを使用。

今回使用した便利な道具

僕自身PEラインを使用したことがあまりなかった。その理由はただ一つ、ショックリーダーとの結束がとても面倒だから。毎回結んでもうまく結べていないせいか結束部分で切れてルアーをなくすこともしばしば。そんなことを友人に話していたらこれを使えば簡単と、この道具を貸してもらい教えてもらいながら結ぶんで見たら・・・めっちゃ簡単!!

あとがき

しばらく釣れるまで釣行結果を書いていきたいと思います。「こうやったら釣れるよ」、「その道具あかんやろ」とかなんでもいのでコメントくれるとめちゃくちゃ喜びます。

そして今週も挑んでまいりますよ!!どうなることやら・・・