読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

【必読!!】僕を精神的に成長させてくれた、おすすめ自己啓発本15選

仕事でのtips 役に立つtips

f:id:kingqoo3:20160504140305j:plain

 

みなさん、よく本は読みますか?

もちろん漫画や雑誌ではない本です。(活字本って言えばいいのかな?)

 

僕自身、学生時代はあまり読まなかったのですが、企業に勤めていた時代、いろいろな自己啓発本に手を出しました。今思えば、何かおいしい話はないか、起業するにはどうしたらいいか、このままの行き方で果たしてよいのだろうか…

いろいろ考えることがあって書籍を漁ったのでしょう。

 

おそらく100冊以上は手にとって読んだと思いますが、全てがいい本というわけではありませんでした。しかしその中でも特に精神的な面で僕を成長させてくれた自己啓発本も多々ありました。

 

そんな「成長させてくれた」という気持ちを読者の方にも是非感じてもらいたいと思ったので、今回はその中でも特にお勧めの自己啓発本を紹介したいと思います。

自己啓発本一覧

ぼくはお金を使わずに生きることにした

本当に何も無い状態から0円生活をスタートする著者。

お金を使わない生活を実践して、最後に0円パーティを主宰するという何とも気狂いな内容です。お金を使わない生活というか、もうサバイバルですね。

 

一方で物質的には豊かになったこの世の中で、感情的、精神的な豊かさは失われてきている時代にもう一度その原点に立ち返り、精神的な豊かさは何だろうと気付かさせてくれる内容となっております。

 

サバイバルな要素が豊富ですが、その中で得た知識や人とのつながりが彼を成長させ、人間として徳のある人間になっていく姿が描かれております。

サバイバル知識だけでなく、お金がないからこそ感じることができる、人のつながりのありがたさ、温かさがわかるところもオススメな点の一つです。

 

僕自身まだサバイバル等の経験はありませんが、この本を読んでサバイバルを経験してみたいという衝動に駆られた一冊でした。

それだけではなく、社畜として働いていた時代に全てを投げ捨てたらどういう風に変われるのか、そんな想像の手助けをしてくれた本です。(この本が起業の後押しをしてくれたと言っても過言ではない)

 

この自己啓発本を読んで、生きるということはどういうことなのか、別の視点で考えるようになったと感じています。

 

10万人のホームレスに住まいを!

ホームレスの自立支援をしてきた社会企業のお話。これを読んで対処療法ではなくて原因の根本から治す原因療法の重要性を知ることができました。

 

ホームレスに食べ物を与えるだけでは根本的な治療にはならないというハガディさんの考えのもとから、根本的にホームレスをなくすためにホームレスに住まいを与え、職を探したあげ、自立支援をサポートする姿はなかなか真似ができない素晴らしい取り組みであるととても感動しました。

 

日本よりもスケールの大きい問題で、そのまま利用することは難しそうですが、考え方はとても参考になります。

 

僕もいろんな意味で自立したら、ハガディさんのような社会起業家としてのチャレンジも行っていきたいとこの自己啓発本を読んで考えるようになりました。

自分の人生をどのように使いたいか、どうしていきたいかとても考えさせられる一冊となっております。

 

社会をよくしてお金も稼げるしくみのつくりかた――マッキンゼーでは気づけなかった世界を動かすビジネスモデル「Winの累乗」

テーブルフォーツーを初めて知ったのがこの本。企業の社食一食につき数十円上乗せしてそのお金を貧しい国の給食費としてあげる事業には感銘を受けました。悪い言い方をしますが、富裕層からお金を搾取して貧困層の生活を豊かにするビジネスモデルは人間平等の観点から素晴らしいと思いました。

 

起業するということは、リスクを伴います。安定した収入を得ることはとても難しく、人の役に立つ仕事がしたいと思って起業をしても低収入で自身の暮らし自体が危ぶまれる可能性が大いにあります。

 

「そこまでのリスクは冒せないけれど、金銭面で貧困層を救いたい」と考えている人たちにはうってつけのビジネスモデルで、障壁がほとんどなく参入できる良い取り組みであると感じました。

 

昔から思っていましたが、この自己啓発本を読んで、一人数円の寄付を日本中から集めたら、僕一人ぐらいは簡単に生活できるだけのお金を手に入れることができると昔単純に考えたことを思い出しました。「一人では何もできないが、集まればすごい力になる。」人のつながりって本当にすごい力があるのだなと、感心した一冊です。

 

一瞬でYESを引き出す 心理戦略。

人の心を操って意のままに動かすことができたら・・・と思って手に取った本。具体的かと問われると微妙ですが、あの人を「Yes」と言わせたい!そんな時に実践すべきポイントが描かれている一冊です。

 

簡単に言えば、断る理由を全て無くしてしまえば相手も「Yes」と言わざるを負えません。断るための全ての道を立つにはどうしたらいいか、そのためのポイントが要所要所に盛り込まれた良本となっております。

 

仕事でもそうですが恋愛、特に合コンで力を発揮できそうな内容が盛り込まれております。(そもそも仕事というよりもモテたい、女の子と遊びたい!と思って手に取った一冊です。w)

この手法を身につけて合コンに臨んだら付き合うところまでは行けなくとも、面白い人、知的な人というプラスの面を見せつけることができるはず!!

 

この自己啓発本を読んで、僕もDaigoに近づけた・・・気がする。会話が下手な人や相手の心情が読めなくて会社で困っている人にはオススメしたい一冊となっています。

 

自分を操る超集中力

「気が散ってしまい、いつも集中が続かない」
「仕事や勉強で毎日疲れている」
「本番や締切りが近づいて、せっぱ詰まっている」。

そう思う方、必読です。本書で、あなたの集中力を劇的にアップさせる、食事、睡眠、場所、運動、時間…など、私が日々実行している即効性の高い18のメンタリズムをご紹介します。

 

こちらもメンタリストDaigoの本になります。

新しく記事を書いているのに、スマホゲームがワンプレイだけしたくなる。リライトしたいのに、他の記事もリライトしたくなる…

まさに僕はこの本に描いている通りの集中力のない人間であることは間違いありません。

 

ただこちらの本を読むと、そういったときにどういった考えをもばやるべき仕事が見えてくるか、そして効率よく集中して作業に取り組むことができるかなどがとてもわかりやすく書かれています。

 

ブロガーの方で、記事作成がなかなか進まない、リライトできないといった方には一度この思考法を試してみるといいかもしれません。

そしてサラリーマンの方は当たり前のように実践した方がいいと思います。

 

考え方次第で人は集中できるようになるのだと感心した一冊でした。

 

すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な"方法

「すぐやる」ために必要なのは、「今すぐやるぞ! 」と気合いを入れることでも、モチベーションアップの方法を学ぶことでも、やれない自分を責めたり励ましたりすることでもありません。自分の脳を「すぐできる」ように仕向けてやることなのです。
脳を「すぐやる」モードに切り替えることができれば、同じ行動でも、実行に移すまでの労力が驚くほど小さくなるでしょう。そのスイッチは、本当に簡単なことばかりです。
さっそく今日から取り入れて、「面倒くさいなあ」と感じる前に、やるべきことをサクサク片づけていきましょう!  

 

わかっていてもなかなかできない、先ほどのDaigoの本と合わせて読んでほしいのがこちらの本です。

性格を直すのではなく脳を集中モードに切り替えるための仕組みを脳科学的に構築してくといった内容になっています。

 

やる気を無理やり出すのではなく、脳からの指令を体に伝え、自然的に「すぐやるモード」に切り替えるための手法がとてもわかりやすく書かれており、わりと簡単に実行できる内容なので、皆さんも一度本書を読んで実践されることをおすすめします。

 

サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法

 早く起業したいと思った時に手に取った一冊。著者は結局ブロガーなのでブロガーでの起業という話になるのですけどね。

 

17年間中小企業の営業マンとして働いていた著者が一念発起して会社を辞め、ブロガーの道に進んだその軌跡が描かれている自己啓発本。

 

ブロガーという時間に縛られない自由な職業のメリットやデメリットが赤裸々に描かれています。(メリットの方が多いかな)

 

21世紀はまさに多様性の時代で、ブロガー以外にもユーチューバーやキュレーションサイト運営など、その職業の種類は飛躍的に増加しています。その中で自分がどう生きていきたいのか、一度立ち止まって考えるきっかけをくれる内容となっています。

 

個人的にブロガーという職業が好きなことだけしているかと問われると絶対違うと思います。アクセス数を稼ぐために試行錯誤をひたすらしているのがプロのブロガーというものです。実際にブロガー業を兼業している僕としては本当に大変な仕事だと痛感させられる毎日です。

 

もし、ブロガーになりたいと思う方、どんな生き方をしているのだろうと気になる方は一度読んでみたほうがいいおすすめの自己啓発本となっています。。

 

世界No.1カリスマ・コーチ アンソニー・ロビンズの「成功法則」 人生に奇跡を起こす12のステップ

奇跡を必然にするために12のステップに分けて書かれている本。12のステップの中でもさらに細分化されてどう行動したら成功に近づけるかが描かれています。日本の文化からして実践的ではないような内容も多々ありますが、考え方は共感できるところがありました。

 

精神面でどういう行動をとったらいいのか、成功するためにはどうしたらいいのか。何度も繰り返し読んで実践し、自分の行動を振り返りこの本と照らし合わせて実際に行動できていたのか復習する。チェックシートのような使い方をしたらいいでしょう。人生の教科書になるおすすめ自己啓発本の一つです。

 

世界のエリートがやっている 最高の休息法

「疲れがとれない…」こんなに休んだのになぜ?――アイドリング状態でも勝手に疲労を溜めていく脳には「科学的に正しい休ませ方」があった!
 集中力や行動力を高める究極の休息メソッドを、イェール大で学び、米国で18年診療してきた精神科医が明かす。 

 

あなたはしっかり休息がとれていますか?

効率的な、そして創造的な仕事をするためには「休息をとる」ということがとても重要です。そしてそれは時間をかけて休むことができていれば十分な休息が取れているという訳ではありません。

 

この本では、脳をしっかり休ませるための手法が書かれており、本書に書かれていることを読んですぐ実践するだけでも体感的に効果を実感できると思います。

「締め切りが近いから、あともうちょっとやらないとやばい」と焦りながらダラダラ仕事するよりも、数分だけでもいいので、瞑想して見てはいかがでしょうか?

 

TEDトーク 世界最高のプレゼン術

今ではとても有名になった TED、ご存知の通りプレゼン術です。TEDトークを行うための具体的なやり方や実際にTEDトークでプレゼンした人々の紹介等、プレゼンを極めるために重要な内容が描かれています。

 

相手に想いを伝えるには言葉に出さなければ伝わりません。テレパシーでもない限り、自分の思ったことを100%伝えることはできません。

 

その想いを伝えるためにもプレゼンのスキルを磨くことは必須だと思います。

あらゆる五感を駆使して相手に伝えるにはどうすればいいのか?そんな情報を提供してくれる一冊となっております。

 

この自己啓発本を読むのと並行して、TEDのプレゼンを実際に聞くことによってプレゼンのスキルアップを図りましょう。(本の中に動画のURLが入っています。)

プレゼンのスキルを学びたい人には本当にオススメしたい一冊となっています。

 

起業 失敗の法則

「失敗から学べ」という言葉があります。成功体験は聞いていて気持ちがいいですが、参考になる情報は少ないです。この本では様々な失敗事例が書かれており、なぜ失敗したのかからこうすれば失敗しないという内容が事例紹介と共に具体的に描かれております。

 

よく「好きなことで起業しよう」とか「やりたいことで起業しよう」とか言いますが、そんな単純なことで成功するわけではありません。ビジネスをする上でお客がいなければビジネスは成り立ちません。ビジネスとして成立した時には好きなことからかけ離れているなんて話もよく耳にします。

 

実際に好きなことで起業して失敗した話も具体的に描かれているので、起業したい!と考えている方は一度この自己啓発本を読んで自分に問いかけてみた方が良いでしょう。

 

これは僕個人の考えですが、「自分が継続できそうなもの」をビジネスとして選んだ方がいいと思っています。僕個人ブロガーという物書きで生計を立てようと必死になって書いています。継続すれば必ずアクセスアップにつながるものですが継続しなければ一円の価値にも立たないものです。これはどの仕事にも言えると思います。「継続は力なり」です。

 

起業を考えている人には一度触れてほしいおすすめの一冊です。

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

欧米で絶大な支持を誇るアドラー心理学は、「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、きわめてシンプルかつ具体的な“答え”を提示します。この世界のひとつの真理とも言うべき、アドラーの思想を知って、あなたのこれからの人生はどう変わるのか?もしくは、なにも変わらないのか…。さあ、青年と共に「扉」の先へと進みましょう―。

幸せに生きるためにはどうしたらいいか、「人間の悩みは全て対人関係の悩みである」と説いた、心理学界の三大巨匠アドラーの教えから、どのような対人関係が理想か、良好な対人関係を得るためにはどのようにしたらいいのかが書かれている本となっています。

 

タイトルに「嫌われる勇気」とあるように最初は実際に実践するのはとても厳しい内容となっていますが、その一歩を踏み出すと新たな良好な対人関係の道が拓けてきます。

おべっかばかり使うのではなくて、そこを一歩踏み出してみる勇気がとても大切だと教えてくれたので、勇気を持てていない方にはぜひおすすめしたい一冊ですね。

 

ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか

ピーター・ティールは決算サービスとして有名なPayPalの共同創業者で、ヘッジファンドのクラリアムとベンチャーファンドのファウンダーズ・ファンドを立ち上げた人物で、自ら起業家として活動する一方で共同創業者のメンバーが立ち上げたベンチャーへの投資も行う投資家としても活躍している。

 

そんな起業家、投資家として有名なピーター・ティールが、起業家に必要な精神、考え方について描いた本。「0から1を生み出す」ことこそが起業家としてあるべき姿だと語り、リーンスタートアップのような問題→解決のサイクルを早く回して改善する手法を否定し、全く新しい革新的なものを生み出すにはどうするべきかが書かれています。

 

素早く動いて改善するリーンスタートアップとはまた違った起業の手法を学ぶことができるので、起業を考えている人には新しい視点を学ぶことができて大変有用な本であると言えます。こちらも起業志望者には必読の一冊です。

 

EQ こころの鍛え方 行動を変え、成果を生み出す66の法則

知能指数「IQ」は知っていると思いますが、 感情指数「EQ」という言葉をご存知でしょうか?

僕自身も就職してから研修で習って初めて知った言葉で、感情の知能指数といった感じです。。(ちなみにこの指数が高いと自意識過剰らしい)

 

感情というと言葉では表現できないものだと感じる人も多いと思いますが、この本を読むとその感情を具体的に言葉に表すためにはどうすればいいのか、その手法が具体的に書かれています。

 

感情が邪魔して人とのコミュニケーションがうまく取れない、仕事がスムーズにこなすことができないといった問題を抱えている人も多いのではないでしょうか?

 

そういった方はこの本を読むと、仕事やコミュニケーションが円滑に進められるようになり、今まで抱えてきた問題を解決出来ると思います。

 

なぜジョブズは、黒いタートルネックしか着なかったのか? 〜真の幸せを生きるためのマイルール28〜

最高の人生には、マイルールが必要だ。一流のルール美学習慣に学ぶ、自分を自由に解放するためのヒント。

冬場はユニクロのタートルネックのヒートテックを中に着込み、そしてその上にさらにタートルネックの服を着る僕が思わず手に取ってしまった一冊。笑

 

最近流行りのルーティーンのような、真の幸せを実現するために生み出された、偉人たちの自分だけの美学(マイルール)を学び、自分独自のマイルールを探すきっかけになるような一冊です。そしてそのマイルールが持つ意味を丁寧に教えてくれます。

 

幸せにる方法をお探しの方は、一度このマイルールを実践して見てはいかがでしょうか?

 

自己啓発本は行動するまでが大事

自己啓発本は読むだけでは何も習得できません。自己啓発本は著書の考えを知ることができるものであり、描かれている内容が全て正しいとも言えません。

 

読んだ結果自分がどう考えどう行動をするのか、そこがとても重要になってきます。考えているだけでは何も結果が出ないのは当たり前で、行動して初めて結果につながるものです。

 

一度これらの自己啓発本読んでみると、自分の中の新たな自分を知るきっかけになると思います。そして新たな考えが思いついた時、是非その考えを行動に移すように心がけましょう。

 

行動するだけで世界が変わると思います。

僕は今まで行動を主体にして生きてきました。行動することだけが正しいわけではありませんが、考えるだけよりかは遥かにマシな人生を送ってきたと思います。

 

行動して初めてそれが良かったのか悪かったのかの結果を知ることができるのです。

 

新しいことを始めることにリスクはつきもので、不安を感じて一歩を踏み出せない方もいるかもしれません。

でもその一歩を踏み出さないと何も得られないのは事実です。

 

紹介した本を読んで何か新しいアイディア、考えが浮かんだのであればそれを素早く実行してみてください。

 

新しい道が開けると思いますよ!

 

こちらの記事もおすすめ!!

Pick UP!! 

【大学受験】これだけでセンター試験の数学は9割取れる!! 黄チャートを使用したおすすめ数学学習法を紹介する

 

Pick UP!! 

【おすすめ英語勉強法】確実にTOEICの点数を上げることができる「DUO3.0を使った反復英語学習法」を紹介する