読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

起業から学んだ、組織はどこまでいっても組織だということ

仕事でのtips

f:id:kingqoo3:20160420161953j:plain

会社に勤めていれば組織というものは絶対に切ることができないものですよね。何を決めるにもみんなの意見を聞いて議論して決めていく。それが大きくなればなるほどしがらみも大きく、うまく踏み出すことができない。

では小さい組織であればどんどんプロジェクトを立ち上げスピーディーに進めることができるのでしょうか?

 

今回は会社に就職して感じたこと、起業して感じたこと、特に組織というものについて重点を置いて書きたいと思います。

大企業という組織

 大企業では(少なくとも僕が働いていた会社では)下の意見が通らない、上人がコロコロ変わり、その度に方針が変わり、なかなか仕事を進めることができないという経験を多々しました。僕は2年半しか勤めていませんでしたが、その間だけでも僕の部署のトップが2回も変わっていました。

 

僕が勤めている間にこんな経験をしました。チーム内で新しいプロジェクトにチャレンジすべきだという意見が出ました。確かに今の組織の方針からそれは妥当な内容で、それを上にしっかりと伝えなくてはということになったので、上に説明して理解してもらい、新らしいプロジェクトチームが結成されることになりました。その間約半年でした。さあ進めようとしたその時に大規模な組織変更にあってしまったのです。当然上が変われば方針も変わる。新らしいトップにその旨を説明しても私の方針と違うからということでそのプロジェクト自体が完全に消滅してしまったのです。

 

大企業に勤めていれば誰しもが経験する内容だと思います。こんな状態でよく利益が出るもんだなと感心もしてしまいました。理由は明白で、会社の期末レポートにその答えは書いてあります・・・僕が以前勤めていた会社においては、昔から売れている製品の利益がほとんどなのです。

 

新らしいことに挑戦することはとても大事です。研究することや商品を考えること、技術を考えることはとても重要です。しかしそれは取り組み続けることができなければ絶対うまくはいきません。大企業病とも言われていますが、うまく舵をとれない、ただただ組織変更だけを繰り返して何も進んでいない大企業は結構いっぱいあると思います。そんな状態では大成しないだろうと馬鹿な僕でもわかります。

 

自分が先陣を切ってその体制を変えていくこともできたかもしれません。しかし僕の人生も有限です。この会社が好きかと言われるとそこまでの想い入れもありません。組織変更が本当にうまくいった時にはもう定年を迎える頃でしょう、いやおそらく定年まで働いても上手くか企画するためには時間が足りないでしょう。

そんな人生は嫌だと思ってしまいました。もっと好きに動き回って挑戦し続けて、自由に自分のやりたいことを突き進みたいと考え出しました。「自分の好きなことをして生きていく。」起業したらその夢がが叶うと思っていました。

 

起業したベンチャーでの小さな組織

会社に勤めて2年半で退職し、友人と3人で起業しました。これで自由に仕事ができる、やりたいことができる!と思ったのですが、実際のところそううまくもいきませんでした。

 

もともとノリで起業したのがいけなかったのですが、3人とも方針がバラバラだったのです。(特に他二人と僕の意見が大きく違う)

で、どういう風に会社の方針とか決めていくのとなるとどうしても多数決になりますよね。だいたい僕の意見は通りません。(2人を説得する内容ですらないと言われればおしまいかもしれませんが)

そしてだいたいその内容が保守的な内容ばかり。「チャレンジするために起業したのではないのかよ。」と思ったほどに2人のやる気が全く感じられませんでした。彼らが持ってくるアイディアや意見はちょっとネットで調べたら出てくるような内容ばかりで、そもそも調べた上で意見してくれよと思うものばかり。

僕が提案しても、言われる言葉は「お金が見えない」。大企業でプロジェクトの報告をする度に耳にタコができるほど言われた言葉。チャレンジなくしてどうやって利益出すんだよ。そんな簡単にお金が見えるならみんな起業してるっつーの。(書いてたらイライラしてしまった。w)

チャレンジするために、上に意見が通らないようなアイディアで挑戦して失敗して良くしていく。そんなチャレンジ精神旺盛な企業を夢見ていたのですが、なぜか地に足がついたような案ばかり。

無料ホームページ作成ツールの開発

彼らが意見した内容といえば、格安ホームページ作成を請け負うとか、無料でホームページが作成できるツールを作成するとか・・・

 

・・・

 

それってもうすでにあるよね?wixとかjimdoとかbaseとかあるよね?

 

それでも彼らの言い分からすると儲かるらしい。で実際作ってみたのだけれど上記に挙げたサイトとは程遠いクオリティのwebサービスが完成。そしてセキュリティの問題上からあえなくサービスは停止。

 

そこからまたかんがえだすならいいのですが、「もうダメだ」という社長の一言で終了。僕はもともと上手くいくはずもないと考えていたから、逆に嬉しかったけれども。笑

思えばこの時から自分がやりたいプロジェクトが全くできていなかったなと感じました。

「少人数だから自由」ではないということ

上記に挙げたようなwebサービスを考え出しては作成しのループを繰り返しましたがまるで上手くいかない、そしてその度に意見が食い違い、議論するわけですが、その議論の収集もつかない。議論だけで数週間かかるとか、なんでこんなに進めることができないんだよ!とかなり不満に思っていました。

友達だから議論だって楽しくできると思っていたのですが、そんなことも全然なく。仕事になるとやっぱり同僚なんですよね。

 

このとき気づいたんですよね。起業だから自由にできるわけではない。一人だから自由にできるということ。

役職の問題も大きい

役職の問題もかなりありました。社長一人と副社長二人という構成で起業していましたが、社長と付くだけで社長が判断するという風習に変化していきました。ただの同級生だったはずなのですが・・・

そしてもう一人の副社長は社長よりという結果に。僕にとってはもう最悪です。

一人で起業することの自由と責任

一人で起業するということは、取捨選択とか責任とか全て自分が負うことになりますが、それぐらい当たり前ですよね。自分で決めて、やりたいと思っているからやっているのだから、それが失敗したら自分の責任だからしょーがないと片付けられます。

企業は不祥事を起こしたら上が責任を取って辞任、辞職しなければなりません。自分の身の安全を考えたら大きなことはできないですよね。余計に会社の足を引っ張ります。

そんなことが3人という小さな組織でも起こりました。動くより先に、本当にそんなことして大丈夫なのかという心配ばかり。ベンチャーなんだから失敗してなんぼ、大企業でやれなかったようなアグレッシブなことをやりたいのにそれができない。動いてなんぼの世界なのに動いていない時点で起業失敗ですよね。とは言っても多少利益は出ていたので、即倒産するほどやばいかというとそうでもありません。

 

まとめ

どんなに小さくても複数人いればそれが組織になるということ。たとえ少人数でもそれで組織は完成してしまいます。人それぞれ目標や意見とかあるので議論は必要です。僕の場合はそ目標、目的の確認を他2人としていなかったのが大きな間違いだったかなと感じています。僕の居心地のいい環境なわけがないですよね、そもそも2人と目標と目的が全く違ったのですから。

その組織が自分に合わないと思えば、その組織を変えるように努力するか、それとも違う組織で働くように動くか、はたまた僕のように抜け出すか。

どのような手段でも構わないと思いますが、行動しなければ絶対に変わりません

 

行動しない方々と一緒に仕事をしても上手くいくはずがありません。だからと言って見捨てるのもどうかとは思いますが、僕には僕の人生がありますので。そういうネガティブな人たちを惹きつける、巻き込む魅力をつけていきたいものです。

 

動けない人、人生に悩んでいる人、これからどうしようか迷っている人は一度か基本を読んでみると良いかもしれません。一歩踏み出す勇気をあなたに与えてくれることでしょう。あなたが「起業家」、「マネージャー」、「職人」という三つの立ち位置で何が適切なのかを説いてくれます。