読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

【体験談】ダイキン空気清浄機のお掃除紹介 〜使用して1ヶ月経過時にすべきお手入れ〜

ガジェット紹介

以前こちらの記事にも書いた通り、

【レビュー!!】ダイキンのハイグレード空気清浄機「MCK70S」がコスパ最強すぎるのでオススメする

 

コスパ最強のダイキンの空気清浄機「MCK70S」を購入したつれづれですが、購入してから1ヶ月が経過しました。

我が家に来てから休む間も無く、ほぼ年中無休24時間営業で稼働してくれているおかげで僕の部屋の空気は彼が来た時よりも澄み渡っている気がします。笑

 

確かに部屋に独特な香りが以前はあったのですが、それがなくなったのは体感としてあるので、効果はあるかなって感じです。

 

今回は購入から1ヶ月経過したということで、1ヶ月経過した時にすべき掃除を実際にやってみたので紹介していきたいと思います!

今回も2週間目と同様に割と簡単にできました♪

 

 

まずは2週間経過時の掃除と同じ内容を!!

まずは2週間経過時のお手入れと同様に、プレフィルターとプラズマイオン化部(ユニット1)の掃除をしていきます。

 

プレフィルターは掃除機と水洗い、ユニット1に関しては掃除機のみと全く同じ作業をしたので、詳細については2週間経過時に書いた下記記事を参考にしていただければと思います。

【体験談】ダイキン空気清浄機の初めてのお掃除を紹介します 〜使用して2週間経過時にすべきお手入れ〜

 

今回の主役「加湿トレー」、「加湿フィルターユニット」を掃除する

1ヶ月経過時に掃除しなければならないのが、「加湿トレー」と「加湿フィルターユニット」になります。

 

この2つの部品は普段見える位置に存在しないものなので、僕はそもそも存在自体を全く知りませんでした。

とはいうものの、1ヶ月経過したら掃除すべきものがあると説明書に書いてあるのを覚えていた僕は、説明書を見ながら実際に取り出して、掃除して見ました。

 

f:id:kingqoo3:20170219173656j:plain

 

彼らが存在するのはこちらになります。加湿用の水タンクを取った後の下がトレーになっていて、ここをゆっくりと引き出すと…

 

f:id:kingqoo3:20170219173758j:plain

 

ドギャーン!!となかなかの大きさの加湿フィルターが取れるのです。

こんな大きいものが入っているとは全く知らなくて、説明書で読んでいてもそこまでの大きさを感じなかったので、「まさかこんな大きいものが入っているとは…」と一人で勝手に驚いていました。笑

画像ではあまりわからないかもしれませんが、このフィルター、直径30cmぐらいはある円盤で、かなりの圧迫感を感じました。

ちょうど空気清浄機下に引いてあるヨガマットと色がバッチリあっていていい感じですね♪(全く関係ないけどw)

 

このとき水タンクが空ではない場合、高確率でトレーには加湿用の水が溜まっているのでこぼさないようにゆっくりと取り出すといことには気をつけて取り出すようにしましょう。

ちなみに僕の空気清浄機くんのトレーにもたっぷりと水が溜まっておりました。

 

f:id:kingqoo3:20170219174233j:plain

 

上記加湿トレーについている加湿フィルターユニットは簡単に取り外すことができるので、取り外して、洗面器につけ置きしましょう。

先ほども言った通り、結構大きいので普通の洗面器にはフィルターユニットはつかりません。

僕の家にはたまたまコントで落ちてくるような桶があったのでそれを使用しましたが、もしなければ買ってくるか、お風呂の中につけるなどして対策しましょう。

 

 

ちょっと桶を探して見たら、こんな感じのたためる洗いおけなんてものもあるんですね!

場所も取らなくてこれは結構いいかもしれません。

 

f:id:kingqoo3:20170219174720j:plain

 

ちなみにこちらがフィルターユニットを取った後のトレーになります。こちらは、基本的には水洗いをして、汚れている部分はブラシや柔らかい布で洗うとのことでしたが、見た目上汚れがほとんどなかったので、水でざっと流しただけで終わりにしました。

1ヶ月くらいではそこまで汚れていないということがわかりましたが、一度汚れがつきだすと大変なので、やはりこまめに掃除していきたいと思います。

 

f:id:kingqoo3:20170219174917j:plain

 

こちらが今回解体した部品達です。(ユニット1は掃除機をかけただけだったのでいません。)

こうやってみると、フィルターユニットがみかんみたいで美味しそうに見えます。笑

 

フィルターユニットに関しては30~60分程度のつけ置きということだったので1時間くらい放置してからすすいで、軽く陰干ししてから取り付けました。

もともと加湿するために水分を含んでいるものなので、そこまで乾かさなくてもいいのかなと思ったり。(そこに関しては特に記載がありませんでした。)

 

で、最終的に組み立てて、水タンクにも新しい水を入れてお掃除完了!!

 

実作業自体は全て合わせて20分程度と、割とサクサクできました。

慣れてしまえばもっと早いと思います。

 

あとがき

ということで今回はダイキンの空気清浄機の1ヶ月メンテナンスを実施してみました。

特にめちゃくちゃ面倒臭い事もなく、サクサクとできたので、これからも汚れがたまらないように定期的にやっていきたいと思います。

次回はユニットランプが点灯したら、またお伝えしたいと思いますが、果たしていつ点灯するのだろう…??笑

 

2週間メンテナンス、購入レビューに関しては下記記事にて紹介しておりますので、参考にして頂ければと思います。