読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

絶対おすすめ!! ブラックバスで定番のよく釣れるおすすめルアー10選

趣味のtips

みなさんはバス釣りをしたことがありますか?

というか、そもそも釣りに出かけたことはあるでしょうか?

 

釣りは開放感あふれる自然の中でできるスポーツでとても楽しいのですが、釣りとなると「道具もないしなかなかとっつきにくい…」、「ルアーがいっぱいあって訳がわからない…」などの声が聞こえてきそうです。笑

 

ちなみにブラックバスはルアーをそこまで選り好みせず、それなりに数がいるところであれば結構食ってきます。それだけ獰猛な魚なのです。

とはいうものの、どのルアーを選んでいいかわからない、そんな方にオススメの、初心者でも比較的扱いやすいブラックバス用のルアーを今日は紹介していきたいと思います。

 

ハードルアー部門

最初にはっきり申し上げると、ブラックバスが一番釣れるのは間違いなくソフトルアー(ワーム)です。

 

でもハードルアーで釣りたいというのが男のロマンで、それを達成すべくハードルアーでも比較的釣果が出やすいオススメのルアーをここでは紹介したいと思います。

 

ダイワ(Daiwa) ルアー プチピーナッツ

巻くと沈む、そして止めるとふらふらと浮き上がってくる…そんなアクションで弱った魚をブラックバスにアピールして食いつかせるブラックバス釣りでは定番のクランクベイトです。

 

その中でもおすすめなのがこちらのプチピーナッツで、その小さなフォルムから放たれる弱々しい波動によってブラックバスにアピールすることができます

 

池の中の石や倒木などの障害物にうまく当ててアクションさせたりと幅広いアクションを生み出せるルアーで、活性の低い時でももうアピールすることができます。

 

レイドジャパン レベルシャッド

ブラックバスなどは一定のレンジ(深さ)にいる場合が多く、そこを重点的に狙いたいのであれば、シャッドやミノーなどのリップがついたタイプのルアーを使用します。

 

その中でもおすすめなのがこちらレイドジャパンのレベルシャッドです。

安定的な飛距離と独特のアクション(メーカーいわく異次元らしいw)で魚を誘い出します。

 

より深く潜ることができるので、深場を狙いたい時にはおすすめのルアーです。

 

ACKALL(ジャッカル) ルアー デラク―

陸っぱり(岸)から釣る時に一つは絶対に持っておきたいハードルアー。スピンテールジグという種類でとにかく飛距離がすごく、めちゃくちゃ飛びます

サイズも小ぶりなので、小バスも狙えることから、とにかくブラックバスを釣りたい!と言った方にはオススメのルアーとなっています。

誘い方はリフト&フォール、ただ巻きなんでもOKですが、特にただ巻きの時は藻に引っかからないように注意しましょう。

 

JACKALL(ジャッカル) ルアー トリゴン

ノーマルバイブレーションと飛距離を稼ぐメタルならではの特徴を併せ持ったルアーです。こちらのルアー、飛距離だけでなく、ルアーの口元にウェイトがあるために沈んだ時に口元から沈むことによって根掛かりを回避できるのもこのルアーの大きな特徴の一つです。

 

飛距離にバーブレーションのアピール力、そして根掛かり回避と様々なルアーのいいとこ取りをした、オールラウンドなルアーとなっています。

 

エバーグリーン(EVERGREEN) ルアー リトルマックス

シーバスのルアーとしても今や定番となったメタルバイブ。もちろんブラックバス釣りにおいてもその真価を発揮しています。

 

特徴はメタルならではの絶大な飛距離とそのアピール力

 

独特の振動を巻くことによって発生させ魚に波動を伝えることで、活性の低い冬などのじきでも釣果をあげやすいおすすめのルアーです。

フォルムは小さいながらもアピール力が大きいので、小さいバスから大きめのバスまでターゲットとしているのも釣れる理由の一つですね。

 

O.S.P(オーエスピー) ルアー ハイピッチャー

 

ハードルアーの中でも釣果が高いのがスピナーベイト。その中でもこちらO.S.Pのハイピッチャーはアピール力も強く、値段もお手頃でとてもバランスがいいのでオススメします。

 

魚がスレている時に強めのアピール力で誘い出せるので釣果が上がること間違いなしです。釣れない時のローテーションルアーとして1つは持っていた方がいいでしょう。

 

カラーはその場所のウィードの色や池や川の色と少し違うくらいの色がいいと思います。(濃いめの緑の池であれば少し明るめの緑など)

 

ソフトルアー部門

ブラックバスで定番のよく釣れるルアーといえばワームです。

今回はその中でもさらによく釣れるワームをオススメしていきたいと思います。

 

O.S.P(オーエスピー) ルアー DoLive Stick 3.5インチ

 

とにかくブラックバスの食いが悪い時や、どうしても釣り上げたい!と心に決めている時はこのソフトルアーをよく利用します。

特徴は素晴らしい集魚力。独特の香りを染み込ませてあり、そのせいか本当に魚がうようよと寄ってくるのが特徴のルアーです。

これでギルあたりを感じられなければそこに魚はいないと確信してもいいくらいです。笑

 

軽めのシンカーを頭につけるか、流れがきつくなければノーシンカーでちょこちょこと誘っているといきなりガツンとくると言った楽しさを味わうことができるソフトルアーです。

おすすめカラーはライムチャートかハニーフラッシュあたりです。

 

JACKALL(ジャッカル) ルアー フリックシェイク 4.8インチ

ワーム先端にネイルシンカーを指し、ワームの真ん中に針を引っ掛けるネコリグで定番なのが、ジャッカルのフリックシェイク。

エビから抽出した独特の匂い成分と、ネコリグの斬新な動きでブラックバスを誘い出すことができます。こちらは魚がスレていて、積極的にアピールしたい時に大活躍するルアーとなっています。

 

普段の仕掛けであまり食いが良くない時に、一度試してみることをオススメしますよ!

 

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) ルアー 4インチ グラブ

ブラックバスといえば昔から定番のゲーリーヤマモトのワーム。今回おすすめするのが、グラブタイプのワームです。

ど定番のワームで魚を引きつけるような強い匂いを放っているわけでもないですが、ゲーリーをつけていると他のワームよりも食いつきがいいと個人的には感じます。

 

とりあえず何を買ったらいいかわからない場合はこちらの4インチのワームをまずはオススメします。色は個人的にグリーン系が好きです。

 

デプス ルアー デスアダー 6インチ

どうしても大物が釣りたいと衝動に駆られた時はデプスの大きめのソフトルアーをよく使用します。

 

悔いの良さでは他のソフトルアーと比べると引けを取りますが、(僕の誘い方が悪いかもw)その重厚なフォルムのせいか、大物を食わせるのには最適なソフトルアーです。

 

僕の友人がこのルアーを使用して、その第1投目で水面にワームが落ちた直後に竿ごと持っていかれそうな急激なあたりから50cmオーバーの大物を釣り上げていました。

どうしても大物が釣りたいと思って釣りに出かけるのであれは一つはカバンに忍ばしておきたいものです。

 

あとがき

これだけの種類を持っていけば、よほどブラックバスの数が少なくない限り、釣れると思います。(もちろん保証するわけではありませんがw)

 

ルアー選びの参考にしていただければと思います。

 

こちらの釣り記事もおすすめ!

【初心者必見!!】ポイント別のおすすめシーバスルアーを紹介する

【釣り】均一な品質でかつめちゃくちゃ楽にショックリーダーを結べる道具「ラインツイスター」をめちゃくちゃお勧めする

【初心者向け】これだけあれば釣りができる!!〜釣り歴20年以上の著者が釣り人口を増やすためにちょい投げ仕掛けを紹介する

【初心者向け】サーフでの釣りで、対象魚関係なしにとりあえず必要なもの - 徒然なるままに・・・