徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

【英語学習】一日たった6分で!? スピードラーニングよりもコスパ最強のおすすめ英語教材「Native English」(ネイティブイングリッシュ)の体験レビュー!!

以前こんな記事を書きました。

【おすすめ英語勉強法】確実にTOEICの点数を上げることができる「DUO3.0を使った反復英語学習法」を紹介する

 

かなりの反響があり、500ブックマークを超えるほど注目を浴びた上記記事ですが、上記記事にも書いた通り、TOEICの点数を上げるだけであれば上記手法徹底的にこなすことができれば、TOEIC800点も夢ではありません

ただ、ここで重要なのは、この手法はTOEICの点数を上げる手法であり、英語が話せるようになる手法ではないということ。

DUO3.0をひたすら繰り返し行うことによって英単語力が身につくので、TOEICのリーディングテストにおいてその語彙力を遺憾無く発揮することによって点数が取れるようにはなりますし、DUOのリスニングCDを何度も聴くことによってリスニング力は鍛えられますが、英語がペラペラ話せるようになるというわけではありません

 

本当に英語力を身に付けたいのであれば、英語を聞いて、自ら話してということをひたすら繰り返す必要があるのです。

かといって普段生活している中でそのような状況は生まれないわけで、「じゃあ、どうしたら英語力が身につくの?」ってなります。

 

英会話学校に通うのは高いし、もっとコスパよく身につけることはできないか…

と探していたらわりとお手軽に始められる英語の学習教材を見つけてしまいました。

しかも、あのゴルフの石川遼選手がやたらCMしているスピードラーニングよりも安く始められることができる英語教材ということで、僕も早速始めてしまいました。

 

ということで今日はそんな、一日6分という短時間で気軽に英語を学べる英語教材「Native English」(ネイティブイングリッシュ)を体験談も踏まえて紹介していきます。

 

 

Native English(ネイティブイングリッシュ)とは?

スピードラーニングのような従来の英語CD教材というと、ただ聞き流すだけで、スピーキング力を鍛えることがなかなか難しいのが現状でした。

確かにスピードラーニングのCMを聞くと、難しいことは一切なしでただ単純にCDを聞き流すだけで英語力が鍛えられるとの説明があるのですが、万人がそのように聞き流すだけで英語力を身につけるのは難しく、全く英語に触れてこなかった人はスピードラーニングの手法でCDを聞き流すだけでの英語習得はなかなか難しいのではと思います。

 

しかしこのNative Englishを使えば、スピードラーニングにあるようなリスニング音声に加えて、脳科学的なアプローチが組み込まれた「スピーキング音声」を聞くことで、「英語を話す(スピーキング)」のトレーニングも同時に行うことができ、スピードラーニングよりもより英語力が身につけやすい教材となっています。

 

聞くだけでリスニング力だけでなく、スピーキング力が鍛えられるようにしっかりと構築されているところがネイティブイングリッシュの魅力的な点と言えるでしょう。

もちろん聞き流すだけではなく、CDに準拠したテキスト教材もあるので、同時に綴りなどの単語力を身につけられるようになっており、さらなる英語力の強化を図ることができるようになっています。至れり尽くせりで素晴らしい教材だと思います。

 

Native Englishの学習の進め方

簡単に言いますと、同じシーンの会話をリスニング勉強用CDとスピーキング勉強用CDに分かれて聞き流していき、英語力を身につけていく学習プログラムとなっています。

 

f:id:kingqoo3:20161121163319j:plain

 

教材としてはリスニング・スピーキング用にそれぞれCDがあり、それに加えてニュアンス解説用CDとビジネス英語用のCD、教材で使用された会話が掲載されているテキストで構成されています。

 

教材としては168日で一通りの学習が終了するように構成されていますが、「お急ぎコース」や「じっくりコース」、「マイペースコース」など、自分の作れる時間に合わせてスケジュール立てて学習していくことができるので、誰でも隙間時間を使用して気軽に始めることができるように構成されています。

 

時間がない人にも、いち早く英語力を身に付けたい人にも、どんな方にも是非オススメしたい英語教材となっているのです!!

 

実際のCD学習の進め方

その1 まずはしっかり聞いて英語を受け止め、内容を把握します

 

その2 CDで聞いた内容を頭のなかでシャドーイング(復唱)することで、より体に会話の内容を染み込ませます。この時に声に出して復唱するとより効果的です。

 

その3 付属のニュアンス解説のCDを利用して、ネイティブが使う英語の微妙なニュアンスの違いを知り、よりネイティブに近い英語を習得していきます。

 

これらを各章毎に行うことによって体に英語を定着させていきます。

たとえ短い時間しか取ることができなくとも、繰り返し学習することで、確実に英語を体に染み込ませることができます

諦めずにほんの少しの時間でもいいので、毎日続けることが、英語定着の近道になっています。

 

Native Englishのおすすめポイント

同じフレーズを何度も繰り返し学習することで体に英語が染み付く

ネイティブイングリッシュリスニング用教材では、あるシーンの会話を1.5倍速で聞き、その後普通のスピードで同じ会話を聞くといった手順で学習していくこととなります。

高速音声を聞いた後に普通の音声のスピードでその会話を聞くと、ネイティブのスピードも遅く感じ、単語ひとつひとつが聞き取れるようになるといった仕組みで英語が理解できるようになっていくのです。。

 

また、スピーキング用教材では最初に0.75倍速の音声で聞いた後にネイティブのスピードで聞くような構成となっております。

まずはゆっくりなスピードで発音やフレーズの意味を確認しながら口を慣らし、次にナチュラルスピードにすることで、早口だと思っていたネイティブの話すスピードに自然に付いていくことができるように構成されているのです。

 

このスピードを変えてのリスニングが英語学習の効率を高めていると考えられます。

実際に僕も体験しましたが、リスニング用とスピーキング用でアプローチの違うスピード変更による学習方法で、他の学習教材よりも体に英語が入ってくる感じがして良い学習方法だと感じることができました。

 

実際に音声を公式ホームページでリスニングCDの内容を試聴することができるので、一度聞いてみることをお勧めします。

 

Native Englishの公式サイトはこちら

自身の隙間時間に合わせて学習していくことができる

こちらの英語教材は「1日6分!聞くだけで英語が話せる」が謳い文句ですが、まさにその通りで、隙間時間にうまく使用することによって購入者の負担が少なく続けやすいことも特徴のひとつです。

一日あたりに最低聞かなければならない時間がリスニング用CDとスピーキング用CDを合わせて最大でも6分程度なので一日の間に数分時間を作るだけで英語が話せるようになるということです。

 

もちろん一日あたりの時間をもっと割いて凝縮して学習したり、逆に一日あたりの時間は少なくしてじっくりゆっくりと学習したりと、自分の作れる時間に合わせてスケジュール立てて学習していくことができるところが魅力的な点ですね。

 

ゆっくりでも続けて英語学習を継続していくことが英語習得の近道です。

 

テキストで復習できる

CDで聞いた実際の会話の内容やフレーズを全て収録したテキストがついてくるので、聞いているだけではわからない単語の綴りや、どうしても聴き取れない箇所などの確認をすることができます。

 

こちらのテキストはB5サイズでカバンにも入れやすいことから、通勤時間やお出かけの際の隙間時間にカバンから取り出して簡単に学習できるのも魅力的な点のひとつですね。

 

DJ風解説CDでニュアンス習得

ニュアンス解説CDでは、有名DJでありバイリンガルのマイケル・リーヴァスさんが、日本人がつかみにくい英語のニュアンスを噛み砕いて教えてくれます。

 

FMラジオ番組を聞いている感覚で楽しく英語特有のニュアンスや意味、使い方~使い回し方が学ぶことができます。

 

このCDを聞くまでは「What's up」の使い方が今まで全くわかっていなかった僕でしたが、このCDを聞くことでどんな状況で使うのかわかり、まさに目から鱗でした。

 

こちらの音源も公式サイトで聞くことができるので、試しに聞いてみることをお勧めします。

 

Native Englishの公式サイトはこちら

バイリンガルによる無料個別メールサポート

「ここで、なぜこのような表現をするのか?」、「同じ意味の単語は実際にはどのような状況の時に使い分けるべきなのか?」など、テキストに出てきた内容、フレーズを中心に、わからないところがあれば気軽にメールで問い合わせることができます。

 

バイリンガルの方から、見た適切な英語の使用方法や具体的な解説などが聞けるというのは学習においてとても効率的でわかりやすく、嬉しいサービスです。

 

メールサポートは2年間の期間限定ですが、もともと168日で完結する英語学習プログラムとなっているので、これだけの長期間に無料でメールサポートがついてくるというのは十分手厚いサポートだと感じています。

 

実際に相談した内容の例も公式サイトに掲載されているので、参考にどうぞ♪

 

Native Englishの公式サイトはこちら

他の英語教材と比べると、格安すぎる

これだけ沢山の学習教材、サポートがついているとやはりお高いんでしょう?と思うかもしれませんが、これが結構安い。

 

なんとたったの29,800円!!

 

…え、高いって?笑

 

確かにそこらへんのTOEIC対策本や英会話の本などの英語教材と比べると万単位の値段は高いと感じる人も多いと思います。

 

ただみなさん、今までどれくらいのお金を英語の学習につぎ込んできましたか?

教材だけでも購入金額を全て合わせたら数万円行く人もいるはずです。

 

このNative Englishをひとつ買っておくだけで、これ以降追加で教材を買う必要もないですし、あとは語彙力を増やす単語帳がひとつ程度手元にあればそれだけで英語の学習は十分ではないでしょうか?

少なくとも日常会話レベルだったらこれだけで十分足りると思います。

 

下手に英会話教室に通ったり英語のスクールに通うよりもかなりコストを抑えて学習できると思いますよ。

 

あの有名ゴルフ石川遼選手が宣伝している英語教材「スピードラーニング」よりも格段に安い

石川遼選手が宣伝していることで有名な「スピードラーニング」は、全ての教材を購入すると15万円以上もかかり、確実にコスパは悪いと思います。しかも2年間という長い期間をかけて全てのコースが終了するという長期コースとなっているので、ネイティブイングリッシュの方が短期間で凝縮させて習得できるので効率がいいかなと思います。

 

それでいて内容自体はNative Englishとさほど変わらない、聞き流して英語を学習していく内容となっているので、確実にNative Englishの方がコスパ最強だと思います。

むしろネイティブイングリッシュの方が学習のアプローチの仕方も多くスピーキングに特化した学習方法もあり、個別サポートもしっかりとしていて素晴らしい英語学習教材だと感じています。

 

スピードラーニングを検討していた方(特に高くてどうしようと悩んでいた方)にはぜひお勧めしたい英語教材となっています。

 

あとがき

今まで英語の学習が続かなかった人や、これから英会話の勉強をして外国人と話せるようになりたい!という方にはオススメの英語学習教材となっております。

 

来たる東京オリンピックに向けて、英語を習得して様々な国の人と話せるようになるためにも英語学習に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

今なら60日間体験無料なので、かなりお勧めです!

 

▼ お申し込みはこちらから!! ▼