読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

【釣り】均一な品質でかつめちゃくちゃ楽にショックリーダーを結べる道具「ラインツイスター」をめちゃくちゃお勧めする

趣味のtips

釣りをする人であるあるネタが「PEラインとショックリーダーを結ぶのが面倒くさい」ということ。

 

これは特に僕のようなPE初心者にありがちなことで結ぶための工程が多岐に渡るためにむちゃくちゃ面倒くさく感じてしまうのである。

 

そしてうまく結ぶのが難しいということ。初めてPEラインとショックリーダーを結ぶとなると、手順通りにやったはずが、結び目がぐちゃぐちゃの玉になってしまって投げる時に引っかかり、気分が悪くなるのである。

 

そんなPEラインを結ぶ画期的な救世主はないものかと探していると、見つかりました。

それがこちら。

ラインツイスターなる代物で、Amazonで見てみるとどうやら自動でPEラインとショックリーダーを結んでくれる代物らしい…

 

これは買うしかないでしょ!と思いながらもそっとAmazon欲しいものリストに入れて置いたところ…

 

神降臨!!

 

f:id:kingqoo3:20161102115445j:plain

 

なんとAmazonほしい物リストからいただくことができました。送り主はわからなかったので、直接お礼が言えませんがこの場を借りてお礼を言いたいと思います。

 

本当にありがとうございます!

 

僕はみんなに生かされているんだなぁと実感しながらこれは絶対使い勝手とかレビューせねば!と思ったので、今日はこちらを徹底的にレビューさせていただきます。

 

セット内容

f:id:kingqoo3:20161103154516j:plain

 

セット内容はこんな感じ!

 

ラインツイスター本体と説明書、収納ケースにショックリーダー用クリップが本体に付属しています。

本体を見ているだけでワクワクしてしまいます。

 

作業に入る前に別で必要なもの

単四電池2つ

こちらは乾電池式で動くのですが、乾電池は付いていないので、別売りで単四の乾電池を2つ購入しましょう。

調べていたらAmazonの間d年ちが売っていました!なんかかっこいいな!w

 

手の保護具

あとPEラインとショックリーダーを最終的に引っ張って強く締めるフェーズがあるので、その時のために手の保護具が必要になります。(糸で手を切らないようにするため)

 

説明書には保護具と記載されていますが、「保護具」とはなんなのかがよくわからなかったので、軍手で代用しました。笑

滑り止め付きの方がいいのかなと思ったので、滑り止め付きを使用しました。

 

作業手順

さてさてこれから作業に入っていくことになるのですが、「ほとんど自動でやってくれるんでしょ、マジ神!!」と思いながら説明書を見てみると…

 

f:id:kingqoo3:20161103155423j:plain

 

工程長すぎる。笑

IQOSのマイルドレギュラーが残念なくらい小さくなって見えます。(元々小さいけどねw)

 

全て自動でやってくれると思いきや、結構やらなければならない工程が多くてちょっとビビりました。ちなみに裏面にもびっしり書いてあります。

 

うん…頑張ろう。

 

ショックリーダーとPEラインをセットする

f:id:kingqoo3:20161103155837j:plain

 

こんな感じでショックリーダーとPEラインとセットしていきます。細かな手順は説明書に書いてあるので雰囲気だけを伝えていきますよ!

 

PEラインとショックリーダーを上部の違う溝に取り付けなければいけないのですが、ショックリーダーの方が結構太くて弾性力があるので、固定したつもりが溝から飛び出てしまうという問題が結構発生し、結構苦労しました。

そういう時はちゃんと溝の奥に入っていないことが多いのでしっかりと入れるようにしましょう。

 

f:id:kingqoo3:20161103160247j:plain

 

ちなみにショックリーダーはラインツイスターに付属のクリップを取り付けて本体の下でブラブラとした状態になっています。

 

さてさてこのショックリーダーですが、実はこちらもAamzonほしい物リストからいただいた商品になります。

こちらも贈り主がどなたか書いていなかったので、この場で再びお礼をさせていただきます。

本当にありがとうございます!!

このショックリーダーがあれば釣れること間違いなしですよ!!

 

電動で巻きつける

ここからがラインツイスターの本領発揮です!

f:id:kingqoo3:20161103161002j:plain

 

上部にある電源を入れるとっこンな感じでショックリーダーにPEラインがぐるぐると巻かれていきます。15~20回ほど巻きつけるのですが、これを手動でやると結構めんどくさい。自動だとものの数秒で巻かれてしまいます。

これを自動でやってくれるだけでも確かに便利です。

 

f:id:kingqoo3:20161103161108j:plain

 

今度は逆側にPEラインを向けて上に向かって15~20回程度ぐるぐると巻いていきます。

巻く作業がめちゃくちゃ楽チンです。

 

f:id:kingqoo3:20161103161247j:plain

 

その後ショックリーダーを少し下にずらして、上部をハーフピッチで結んでいきます。5〜7回結ぶらしいです。

 

f:id:kingqoo3:20161103161408j:plain

 

そのあとラインツイスターから糸を取り外して軍手を使用して本気で締めていきます。締め方も二段階あるので、説明書を読みながらしっかりと力を入れて締めていきましょう。

 

ここの締め方が緩いとブチっと切れてルアーがフットンでいき悲惨なことになるので注意が必要です。笑

 

f:id:kingqoo3:20161103161634j:plain

 

その後ハーフピッチで再び数回締めた後に余分糸を切って完成!!

割と綺麗に結べた方です。(ちょっと締めが甘いかもw)

 

実際のところ便利だったのか?

一番最初使い始めた時ははっきり言って「これ使い辛くない?」というのが正直な印象でした。しかし数回回数を重ねていくと、要領を覚えてかなり早く結べる印象を持っています。

 

手動だと結構不器用な人は不揃いな結び方になりがちですが、その点機械で巻きつけるので巻きつけ方が均一になってとても綺麗な仕上がりになるのは素晴らしい点だと思います。

 

釣りの最中にライントラブルにあってまた結束しないといけないと結構萎えるのですが、この機会があれば楽にいい状態の結束ができるので、これからの釣りでは大変重宝します。

 

本当にいいものをいただけました!これから一生使わさせていただきます。

 

あとがき

自動の部分は巻きつけるところだけですが、仕上がりも均一で何より楽に結べるようになるので、一つは持っておいたほうがいい道具だなと感じました。

 

風の強い日やフィールドが激しいところで楽にショックリーダーを結べるのは本当に素晴らしいと思います。

 

買うことを強くお勧めしますよ!