読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

ハリーポッターシリーズの最新作「ファンタスティック・ビースト」はいつ公開?原作はあるの? 気になる内容も含めて調べて見た

趣味のtips

ウィンガーディアム・レビオーサ!!

 

ということで、ハリー・ポッターシリーズの最新作「ファンタスティック・ビースト」がついに公開ということで浮き足立っております。

 

浮き足立ってはいますが、はっきり言ってどんな内容なのか全く知りません。笑

CMを見ていてもハリーとの繋がりはわからないし、そもそもハリーポッターが出てこないので、「本当にハリー・ポッターシリーズなの?」と勝手に疑っておりました。

 

そういう人も多いのではないかと思ったので、今回はそんな「ファンタスティックビースト」について調べて見ました。

そもそもファンタスティック・ビーストとは?

ハリー・ポッターシリーズとしてかの有名なハリー・ポッターの著者であるJ・K・ローリング氏が描いた、ハリー・ポッターに出てくる教科書「幻の動物とその生息地」の内容だそうです。

 

調べていてそれを知ったとき「いやいや、そんな教科書の内容とか全く知らないよ笑」と思ってしまいましたが、ちゃんと本を出版されておりました。こちらがその原作本「幻の動物とその生息地」になります。

 

え?魔法界の教科書がここに!?そう、書店にて魔法界の教科書を買うことができるのです。すごいですね。

僕自身買って読んでいないので具体的な内容まではわかりませんが、魔法界の世界観を忠実に再現しており、幻の動物たちの内容が具体的に書いてある本当に教科書みたいな本のようです。

 

そして本当にハリーたちが使用したことを再現するために所々にハリーやハーマイオニー、ロンの落書きがこの本のいたるところに書かれているようです。ハリーポッターファンにはたまらない仕様ですね!

 

以前もこんな本が出版されていた

このようにハリー・ポッターの世界観にこだわり教科書まで描いてしまうJ・K・ローリングですが、以前も下記のようなハリーポッターの話に出てくる童話を書いていました。

 

こちらは読んだことあるのですが、ハリー・ポッターの世界観が崩れないとても面白い本でした。設定としては魔法界の人たちが幼い頃に親たちに読み聞かせられている童話集という設定。人間界でいうグリム童話みたいなものですね。

物語の後半で出てきたやつで、ハリーが全く知らないことにロンが驚いていたシーンが目に浮かびます。(ハーマイオニーは勉強ということでその童話を読んだことがあるという設定だったはず)

 

最強の杖である「ニワトコの杖」の三人兄弟の話は本当に面白く読む音ができました。ハリーポッターのバックグラウンドを知る上ではとても重要な一冊です。

 

これからもこのようにハリー・ポッターにつながったスピンオフ的な話を描いてくれるとハリー・ポッターファンとしては嬉しいですよね。

 

映画「ファンタスティックビースト」は結局いつ公開なのか?

前置きが色々と長くなってしまいましたが、こちらが公開日となります。

 

2016年11月18日 全米公開

2016年11月23日 日本公開

 

もう二週間後には公開ということで、待ち遠しいですね!

ハリー・ポッターシリーズは毎回映画館で見ているので、こちらも公開したら即観に行こうと思います。観に言ったらまたレビューを書かせていただきます。

 

映画のあらすじ

物語は1926年、魔法動物学の研究書『幻の動物とその生息地』の調査を終えニューヨークに短期滞在していたニュート・スキャマンダーを描いている。ノー・マジのジェイコブ・コワルスキーがニュートの 魔法拡張スーツケースをうっかり壊したことにより多くの危険な魔法動物が街に逃げ出す。このことによりアメリカにおける魔法界と非魔法界の関係が脅かされる

引用元:http://ja.harrypotter.wikia.com/

原作本は教科書という位置付けなので映画とはちょっと内容が違うかもしれません。その教科書を書き上げた「ニュート・スキャマンダー」が主人公として活躍する物語のようです。

 

ハリー・ポッターシリーズは8部作でしたが今回は3部作で展開していくそうなので、どのような世界観か、その内容は次第に明かされていくでしょう。

 

気になるキャスト

主役はミュージカル映画として大ヒットした「レ・ミゼラブル」にも出演した経験をもち、「博士と彼女のセオリー」でアカデミー賞主演男優賞も受賞したことのある俳優「エディ・レッドメイン」。

 

無知で大変申し訳無いのですが、僕が全く知らない俳優さんでした。笑

アカデミー賞主演男優賞を受賞しているのはすごいですね。

「レ・ミゼラブル」は観ましたが、壮大でかつ芸術的ないい映画でした。

ヒロイン役としてキャサリン・ウォーターストン、その他にもクイーニー – アリソン・スドルやダン・フォグラーなどいわゆるめちゃくちゃ有名なキャスト陣というか、実力派の俳優陣が勢揃いといった感じです。(完全に個人的な印象ですw)

 

あとがき

ハリー・ポッターシリーズ最新作ということでとても期待しているので、公開日がとても待ち遠しいです。

 

最近はハリー・ポッターの世界観から遠ざかっていたので再び小説を読み直そうかな…