読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

デートに最適!! 京都の隠れ家的激うまラーメン屋「すがり」を紹介します

雑記

先日京都に遊びに行って参りました。

向こうで合流した友達は最近ラーメンにハマっているようで、

 

「友達から聞いた、隠れ家的なラーメン屋さんがあるらしいんだけど行かない?」

 

ということで、そこに夕食を食べにいくことに。

 

道中最近ラーメンにハマっている友人は昨日も別の店に行ったらしく、

 

「昨日食べたラーメンが、食べログでは結構おすすめってなっていたんだけど、自分好みではなかったんだよね。」

 

と若干不満気味に漏らしていました。どうやらラーメン通もどきになりつつあるようです。聞けばどこにあるのかわからないお店で、名前のないラーメン屋だったとのこと。

よくわからないビルの中を入っていくといきなりラーメン屋の空間が登場して驚き、そこで食券を買うシステムだったらしい。

味付けを自分好みに調整できるおしゃれな薬味入れとお箸が引き出しに入っており、なんともおしゃれな空間をしていたと熱弁していました。

 

なかなか面白い店があるもんだと感心しながら聞いていると、今僕らが向かおうとしているお店もなかなか見つからない。

 

GoogleMapを信じてなんとかたどり着くことができた路地裏にあるそのお店は見た目がとても「和」と行った感じで古き良き京都の街並みにめちゃくちゃ馴染んでいました。

 

すると友人が、「なんかこれ…デジャヴ…」と言い出します。

 

とりあえず無視して入ると自動食券マシーンが。

 

「あ…これ昨日の…」

 

ということで今日はそんな京都の隠れ家的ラーメン屋を紹介していきたいと思います。

和醸良麺 すがり

f:id:kingqoo3:20161102163208j:plain

(参照:店舗のご紹介|【公式】京都|麺屋 高倉二条)

 

高倉二条系列のラーメン屋の一つで、先ほどから話が出ている友人が昨日行った「名前のないラーメン屋」と同じ系列のラーメン店でした。

 

おそらく僕の友人はラーメンの内容は聞かずに「美味しいラーメン屋」という情報だけを友達から聞いただけだったのでしょう。笑

まさか二日連続で同じ系列のラーメンを、しかも魚介系が苦手だということがわかってから再び魚介系に手を出すというところが面白いですね。

 

もちろん僕はその前の日に食べていなかったので食べる気満々で友人を無理やり連れて入店しました。(ちなみに僕は魚介系は大好物です)

 

すがりの入店風景

f:id:kingqoo3:20161102163753j:plain

 

地図通りに探していくと、こんな感じの細い路地に行き着きます。このような細い路地の感じが京都らしくてほんと風情があっていいですよね。

 

f:id:kingqoo3:20161102163858j:plain

 

こちらが店の正面玄関になります。「和醸良麺」とライトアップされているのが目印です。ドアの上には「すがり」と小さく書かれております。

自己主張しない感じが本当に雰囲気にマッチしています。

 

というか入口のドアがめちゃくちゃ小さい!

 

女性でもかがまないと入れないくらい小さいので気をつけて入店しましょう。

 

f:id:kingqoo3:20161102164719j:plain

 

入店するとこんな感じ。

 

おしゃれな通路にポツンと券売機が出てきます。そう、これが先ほどから友人が言っていた「自動食券マシーン」でございます。

 

ここでラーメンを購入することになります。

ちなみに僕はモツつけ麺、友人はモツラーメンを買いました。

どうやらこのすがりはモツ推しのようです。

 

f:id:kingqoo3:20161102164933j:plain

 

食券を購入して狭い廊下を抜けると割と広めの中庭が出現します。

食券を購入した通路には人が全くいなかったので、「空いているのかな?」と思ったのですが、中庭に十数人先客がいてびっくりしました。

 

写真は待っている中庭側から店内を撮影した風景ですが、なんとも風情があって素晴らしいです。

 

二階にも上がれるような階段がありましたが、店内は一回だけで、二階は物置になっているようでした。

 

この風情あふれる中庭で僕らの番は今か今かと待つことになります。

 

ちなみに十数人いると結構な間待たされることになるので、買った食券をなくさないよにしましょう。僕はなくしかけました。笑

 

いざ実食!!

f:id:kingqoo3:20161102165650j:plain

 

こちらが僕が注文したつけ麺です。

麺が太くでボリューム満点、つけ汁の魚介系の香りが食欲をそそります。

ちなみにお茶はジャスミンティーと思われるお茶が飲み放題です。

 

早速一口、めっちゃうまい!!

 

魚介系の出汁が美味しく、音から豚骨(?)のスープの味がガツンときます。ガツンときた後にすがり独特の酸味のあるスープが口の中をさっぱりとさせます。

 

めっちゃうまい!

 

すがり特製のモツと一緒に絡めて食べると、モツの若干焦げた風味とまたマッチしてめちゃくちゃ美味しいです。

 

つまりはそう、めっちゃうまい!!

 

f:id:kingqoo3:20161102170035j:plain

 

引き出しにはこのように調味料がおしゃれに並べられており、お好みで書けることができるので、一つずつかけながら麺と絡めて食べました。

 

ちなみにどの調味料をかけてもめっちゃうまい!!

 

一番左の「ガラムマサラ」はカレーの調味料らしく、これをふりかけると一気にカレーの味に変わってしまうので、かけるのは最後にしましょう。(カレーつけ麺なるものがあったのでおそらくそれに使用するのかな?僕はとりあえずかけてしまったけどw)

 

シメにスープ割りを堪能して完食。

 

あのね、本当にめちゃくちゃうまかったよ!!

 

f:id:kingqoo3:20161102170020j:plain

 

こちらは友人が頼んだ味玉入りモツラーメン。

つけ麺と比べると少し濃いめの味付けで、個人的にはつけ麺をお勧めしますが、これはこれで美味しかったです。

 

つけ麺にも入っていましたがこの焦がしネギもまたうまかった。

 

麺にもこだわりあり

高倉二条系のラーメンは素材にかなりこだわっているようで、無添加でラーメンを作っているそうです。

 

この麺が、この表現で正しいのかはわかりませんがそばのような麺で素朴な味が楽しめてこれはこれでアリやなと思うくらい美味しかったです。

 

今回は特製麺を選びましたが、柚子風味のゆず麺も選ぶことができるので、今度行くときはそちらを食べてみたいと思います。

 

おそらくさっぱりして美味しいんだろうなぁと考えながら書いているとよだれが出てきます。笑

 

あとがき

高倉二条系列のラーメン店は各店舗オリジナルのラーメンを出しているようですが、基本的なスープ出汁は同じようで、友人曰く昨日行ったラーメン屋と似ているとのことでした、そうつまりは友人の口にはやはり合わなかったということです。笑

 

魚介系が好きなのであれば一度食べてみることをお勧めします。

 

特につけ麺がめちゃくちゃ美味しいのでお勧めです。

 

そして雰囲気もめちゃくちゃおしゃれなのでデートにはうってつけのお店であると思いますよ。

 

おしゃれに彼女とラーメンなんてのも素晴らしい!