読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

警察の人間模様を描いた横山秀夫短編集 - 「第三の時効」

読書記録

クライマーズ・ハイに続いて連作警察小説である横山秀夫の「第三の時効」を読んだ。こちらは短編集が6作収録されている小説となっていおり、F県警捜査第1課強行犯係の3つの班について、それぞれの班の特徴やある人にフォーカスした話が収録されている。

 

タイトルにもなっている「第三の時効」も面白かったが、他の短編もやはり面白い。

犯人の巧妙なトリックを見破り、気持ちよく逮捕!という良くある推理サスペンスとは違い警察の心情やその人間関係の方に重きを置いて書かれている。それがまた面白い。

 

今回はそんな「第三の時効」の中からピックアップして、「沈黙のアリバイ」、「第三の時効」、「ペルソナの微笑」のあらすじと感想について書いていきたいと思います。

沈黙のアリバイ

ある時現金集配車が二人組に襲われた。現金集配車に乗っていた二人のうち一人は殺され、もう一人は逃げているところをその現金集配車で犯人に跳ね飛ばされてしまった。幸いはねられた男は生きており、彼の供述から犯人の二人組のうちの一人の顔は割れた。しかしその男は見つからず、聞き込みから浮上した二人目の男であろう容疑者「湯本」を捕まえた。取調官島津によって湯本は自供したものの、法廷で湯本は犯行を全面否認し「アリバイがある」と発言。果たして真相は・・・!?

 

大熊が逮捕されると犯人であることが発覚することを恐れた湯本は大熊と大熊の愛人ジョナリンを殺していた。そして湯本は事件当時ジョナリンと一緒にいたことをアリバイに仕立て上げようとした。(実際にアリバイ工作で毛髪や陰毛を仕込んだのは湯本の弁護人)

そのことを知った島津はすでに自白調書を作成してしまったもののまた一から作成する時間もなく、法廷に立っても犬畜生と罵倒して無理やり自白させた証拠のテープしか武器がなく、確実に法廷で負けることを恐れ、辞表を提出。

余裕のある湯本を不審に思った一般班長「朽木」が島津から聞いた内容や自供の記録テープ、湯本の余裕から、上記内容を推理し、見事事件解決へと導く。

 

二十三年前に犯してしまった事故。現場へ急行している途中に子供をはね、そして母親もそれを苦に自殺。以後笑顔がなくなってしまった朽木だったが、それでも刑事を続け犯人の面の皮を引き剥がしては真実を追ってきた。冷静沈着に情報を分析し、答えを導く朽木の洞察力とその朽木が背負う暗い過去を描いた作品。

第三の時効

エアコンの修理をしに来た電気店の従業員に突如強姦にあった妻をたまたま早くに帰宅した旦那が見つけ、金属バットで殴りかかろうとするも背後からナイフで刺され死亡したという残忍な事件。犯人は台湾に一週間ほど逃亡した後に姿をくらましそれからもう15年。

逃亡期間も含めた第二の時効ががまさに後一週間で訪れようとしていた。

犯された奥さんには子供ができており、なんとその子供は犯人との間の子供であった・・・。

果たして犯人は時効までに捕まるのか?

 

実は電気店の従業員は奥さんと同級生でできており、同意の上での行為で無理やり襲われたわけでもなかった。そこにたまたま帰宅した旦那に現場を見られ、従業員が襲われそうになったところを殺したのは奥さんであった。

奥さんが犯人で見抜いていた第二班の班長「楠見」は奥さんを内緒で起訴し、第三の時効を成立させていた。逃げている男を捉え、その内容をこと駒子に実況中継して奥さんを苦しませるところや、楠見の部下森が惚れ込んでいる女のことを淫売呼ばわりするなど冷血極まりない。

 

短編集のタイトルにもなっているお話。事件は解決したが、森の惚れ込んでいる女は本当に大丈夫な女であったのかの結末が気になって終わってしまった。(そっちのほうがきになるw)

ペルソナの微笑

お酒臭い息が治る魔法の薬と称して子供に青酸カリを持たせ、その子の父親を殺させた事件が13年前に起きていた。そして現在、青酸カリでホームレスが殺される事件が発生。果たして以前の事件と繋がりがあったのだろうか?

 

13年前に青酸カリを渡した犯人は実は今回殺されたホームレスであった。そしてそのホームレスは実は当時幼かった子に母親に飲ませるようにと渡していた。飼い猫で効果を試し、その飼い猫が死んだことによってその魔法の薬が、毒であることを認識した少年「勇樹」は、酒を飲むと暴力を振るう父親にその薬を飲ませ、殺害したのであった。

そして今回のホームレスを殺害したのも彼であった。

今回担当した刑事「矢代」は昔同じように誘拐事件の脅迫テープの音声作成に犯人に利用されたことがある。それ以来彼は「偽りの笑み」を覚えた。そんな彼は勇樹は自分と同類の「偽りの笑み」を持った被害者ではなく、自身の父とホームレスを殺害した犯人であることを見抜き、見事事件を解決した。

 

矢代のように事件に利用されたわけでもないが、人前で道化を演じている姿に自分を重ねてしまった。僕自身あまり人前では本音を話すことができない。その場の空気を読んで、こうやったら場が面白くなってくれるかも、喜んでくれるかもしれないと考えて行動することが多い。自分に取って居心地の良い状況を作りたいのである。

でもそんな「偽りの笑み」を見破ってしまう朽木班長は本当に恐ろしい・・・。

あとがき

どれも爽快に事件を解決して終了!!というよりも、その人の心情や人間関係、心の変化などを警察目線で見ることができます。なかなかうまく伝えられなかった箇所も多いですし、その他の短編については紹介しきれていないので、是非小説を読んでいただけたらと思います。