読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

病院に届いた脅迫状の真相とは!? - 東野圭吾「使命と魂のリミット」

読書記録

東野圭吾の「使命と魂のリミット」を読了した。

病院という舞台で、亡くなった父親の執刀医で、母親の現在の恋人である医師に疑問の心を抱く研修医の主人公「氷室夕紀」の心情の変化と、病院に届いた脅迫状に隠された真実の二つを軸にストーリーが進んでいく。

あらすじ

氷室夕紀は帝都大学病院の研修医として働いている。彼女は父親の健介を胸部大動脈瘤の手術で亡くしてしまった。当時執刀医で会った西園陽平に瑕疵はないとのことだったが、なぜかそれ以後西園陽平と夕紀の母の百合惠が親密な関係になったことからある疑惑を抱くことになる。

その一方で突然帝都大学病院当てに一通の脅迫状が届いた。脅迫状は医療ミスを隠している、それを公表しなければ病院を破壊するという内容であった。

果たして犯人の狙いは?そして夕紀のの抱く疑惑の真相とは?

※結末ネタバレがありますので、これから読みたいという方はここでそっとこの記事を閉じてください。

結末

脅迫状の犯人は、日本サイバトロニクスの社員「直井穣治」だった。彼はアリマ自動車の欠陥車が立ち往生したことによりかつての恋人「神原春菜」を助けるはずだった救急車が迂回しなくてはならなくなり到着が遅れた結果、その恋人が亡くなったということで、入院していたアリマ自動車の社長「島原総一郎」を恨んでいた。

穣治は島原が帝都大学病院に入院し、大動脈瘤の手術を受けることを知っていたので帝都病院で看護師をしている「真瀬望」と親密になることにより病院の内情を把握し、また電気系統を停止させる仕掛けを行うことができた。

仕掛けはうまくいき、島原の手術をあと一歩で失敗させるところまで来ていたが、望や警察の七尾の呼びかけで、他の人を巻き込みたくない気持ち、これで春菜は浮かばれないという気持ちが芽生え、電気系統停止プログラムを停止させ、死者も出ることがなく事件は幕を閉じた。

一方、電気系統の停止により様々な機器が動かない状況下で島原の命を懸命に守り抜こうと必死になって最善を尽くす陽平の姿に夕紀は「この人が父親を殺すはずがない」と確信した。

島原の手術を終え疲れ切った陽平を今度は狭心症の症状が襲った。「二人目の父親は絶対に死なせない」という想いから、今度は夕紀が手術室へ向かう。

みどころ

夕紀が抱く百合惠、陽平への疑惑の気持ち

夕紀の父健介は島原と同じ真性弓部大動脈瘤であった。当時から動脈瘤の先生として有名な陽平が手術を担当することになったが、その手術は失敗に終わり、健介は亡くなってしまった。それ以後、夕紀の母百合惠と陽平の関係は親密になった。その関係に疑問を持った夕紀は健介のような人々を救うために医者になることを決意したのだが、病院で脅迫事件が発生してから警察の七尾やナースの菅沼庸子から聞いた情報から、以前健介は警察官だったこと、そして犯人を追跡している時にその犯人がトラックに轢かれて死んだこと、その犯人は陽平の息子であったことを知った。

事実を知ることでより陽平が意図的に手術を失敗して健介を殺したのではないかという疑念を抱いたが、手術の機器がほとんど使えない状況下で島原の命を救おうと懸命に頑張っている姿を見て、健介を殺すような人ではないということが確信に変わるのであった。

 

相手を悪人だと決めつければ決めつけるほどよりそういう方に思考が働いてしまうのが人間というものである。今回の場合は本当に意図的に殺してしまったのではないかと思うほど材料が揃っていたが、そんな人間がまともな手術を行うことができるはずがないと夕紀に対して腕を持って証明した陽平には感服する。

たとえ口だけで、健介と合意の上での手術であったこと、百合惠との関係は健介が経って少し経ってからだったことを伝えたとしても夕紀は信用しなかっただろう。夕紀と大動脈瘤の手術を一緒に行うことによって証明された真実である。脅迫事件がそれをより一層真実味を増加させることになった。

アリマ自動車の島原社長に恨みを持つ直井穣治の心境の変化

直井穣治は、病院や入院している患者への被害を最小限に抑えるように工夫して脅迫状を書き、また発煙装置などを作成して脅しではないことを信じ込ませたなかなか頭脳明晰な人物である。それだけでなく本当の意図をわからないようにカモフラージュするテクニックも素晴らしかった。(結局七尾が真相を暴いてしまったけどね)

恋人を殺されてもなお、社長として君臨し自動車を売り続ける島原が許せなかったのだろう、今までに磨いた電気回路技術を駆使して、爆発物や自家発電装置の遠隔操作用機器など作成など、その執念は凄まじいものだった。彼は会社でも優秀であったに違いない。

そんな復讐の念に駆られていた穣治であったが、他の人を巻き込みたくないという良心は残っていた。その良心が残っていることを信じ七尾は呼びかけと、短い期間であったが恋人として利用された望の他の患者にも出ているから復旧してほしいという懇願によって穣治は自家発電装置を復旧させた。

 

いくら心を鬼にしてもそこはやはり人間。機械のように動くのではなく感情というものが心に変化をもたらすものなのだと感じた。

社長を殺すことでは何も生まれない。社長を殺したからもう二度とアリマ自動車から欠陥車が出ないかといえばそういうことではない。欠陥車を運転していた人が事故を起こし、追突した相手を殺してしまった場合、運転手なのか自動車メーカーなのか、どちらを恨めばいいのか、遺族はどちらも恨むことになるだろう。(どちらが悪いのかを決めつけることもできない)

その行動力をアリマ自動車の品質改善に注ぐことができたら、もう少し違った未来を見ることができたのかなと感じた。

復讐の念に駆られている人は過去にしか生きられないと思う。未来を切り開いて進んでいかなければならないのだ。(ちょっと臭いねw)

あとがき

間接的、直接的という観点から違いはあるが、人の命を背負っているという点では医者も自動車メーカーも同じである。事故や医療ミスはあってはならないがそれを0にすることはとても難しいことだろう。でも限りなく0にするように努力していくべきである。

最後にちょっと小説の内容から外れた話で締めくくってしまったが、なかなか読み応えがあって面白いのでぜひ読んでいただきたい。