読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

【マンガレビュー】1話目で勇者が死ぬマンガ「勇者が死んだ!」が結構面白くてオススメなので紹介する

ども、つれづれです。 みんな大好きマンガワン。皆さんもこの無料マンガアプリを使用しているでしょうか? 僕はマンガワンの漫画にすっかりハマってしまい、どの毎日楽しみながら一日8個しかない無料ライフ+おみくじでゲットしたSPライフを使用してはセコセ…

【漫画レビュー!!】デスノート以来!! シリアスな展開が面白い孤児院を舞台にした頭脳戦漫画「約束のネバーランド」を紹介する

ども、つれづれです。 皆さんは週刊少年ジャンプを読んでいますか? 僕はもうかれこれ15年以上読んでいるのですが、こういう週刊少年系雑誌というのは雑誌ごとにカラーみたいなのがあって、言葉で表すと「友情・努力・勝利」というのが週刊少年ジャンプのカ…

シリアスな展開のない、ほっこりできるのほほん漫画「ミイラの飼い方」は読むだけで癒されるのでオススメです

のほほんとした漫画やほっこりした漫画はお好きですか? ども、つれづれです。 のほほん、ほっこりというと猫や犬などの動物系癒し漫画や、学園ギャグ漫画、食べ物放浪記漫画など、シリアスな場面が全くない漫画のことかなと個人的にはおも 今回紹介したいの…

映画化もされて話題のおすすめ漫画!! 学校のイジメを描いた壮絶な漫画「傷だらけの悪魔」が面白い

最近マンガワンの漫画の紹介が多くなっているので、一番最初に使用し始めた無料漫画アプリ「comico」から今日はお勧めの漫画を紹介したいと思います。 その漫画のタイトルは「傷だらけの悪魔」。 傷だらけの悪魔(1) (アクションコミックス(comico BOOKS)) po…

最近読んだ小説の中で、面白かったおすすめ小説を紹介する

皆さんはよく小説を読むでしょうか? 僕はそこまで読まない人なのですが、読み始めると止まらなくなってしまい、ついつい読み漁ってしまう性格です。 あの作家が面白かったからあの作家の書いた小説をどんどん読もうとか思ってしまうと仕事とかそっちのけで…

田辺イエロウ先生が熱い!結界師とBIRDMENが面白すぎる

すいません、週刊少年ジャンプを読み過ぎていたために、他の漫画週刊誌の面白い漫画を全く知らなかったこと、ここで深くお詫び申し上げます。 お詫び申し上げたところで、結界師って面白いね!!そしてBIRDMENも素晴らしい。きっかけはマンガワンというアプ…

あの超高速参勤交代が帰ってきた! 映画「超高速!参勤交代リターンズ」の原作本「超高速!参勤交代 老中の逆襲」

参勤交代から帰ってきたばかりの湯長谷藩藩主「内藤政醇」(ないとうまさあつ)の元に江戸幕府の老中「松平信祝」(まつだいらのぶとき)の名によって5日以内に参勤せよと再び参勤交代の命令が出た。 江戸に5日で参勤するなど到底無理な話であったが湯長谷…

嘱託殺人に隠れた真実とは!? - 横山秀夫「半落ち」

人間五十年ー。「妻を殺しました」現職警察官である梶聡一郎がアルツハイマーを患う妻を殺害し、自首してきたとの連絡が入った。W県警本部捜査第1課の今日後半指揮官である志木和正は別の事件の捜査に当たっていたが急遽梶の取り調べ担当となった。妻を殺害…

警察の人間模様を描いた横山秀夫短編集 - 「第三の時効」

クライマーズ・ハイに続いて連作警察小説である横山秀夫の「第三の時効」を読んだ。こちらは短編集が6作収録されている小説となっていおり、F県警捜査第1課強行犯係の3つの班について、それぞれの班の特徴やある人にフォーカスした話が収録されている。 タ…

狂言誘拐には意外な結末が!? - 東野圭吾「ゲームの名は誘拐」

「ゲームをやってみないか」「誘拐ゲームだ」。東野圭吾の長編推理小説「ゲームの名は誘拐」を読了した。家出した取引先の娘を匿い、彼女と共謀し彼女の父親相手に身代金を奪おうと画策する。しかしその裏には驚くべき真相が隠されていた。 最初から読者をひ…

病院に届いた脅迫状の真相とは!? - 東野圭吾「使命と魂のリミット」

東野圭吾の「使命と魂のリミット」を読了した。 病院という舞台で、亡くなった父親の執刀医で、母親の現在の恋人である医師に疑問の心を抱く研修医の主人公「氷室夕紀」の心情の変化と、病院に届いた脅迫状に隠された真実の二つを軸にストーリーが進んでいく…

爽快なストーリー 「 超高速!参勤交代」

各藩の藩主を定期的に江戸に出仕させるという「参勤交代」徳川家光が定めた制度として中学の社会の授業で習った記憶がありますよね。 定期的に参勤交代をさせることによって、各藩の財力を減らし、氾濫を防ぐ仕組みとして取り入れられた制度だそうで、結構悲…

今の政治に物申す!池井戸潤の「民王」

ちょっと前に深夜にテレビをつけたら、高橋一生が主演っぽいドラマを放送していた。演じていた男はなかなかの切れ者で、秘書として雇い主を選挙で勝たせるために様々な画策をしながら奔走していた。できる秘書とはこのことか、というか高橋一生かっこいいな…

「クライマーズ・ハイ」 - 日航ジャンボ墜落事故を背景に、地元新聞社と彼らを取り巻く人間模様を描く

遅ればせながら、初めてクライマーズ・ハイを読んだ。テレビドラマや映画の断片を見たことはあったが、日航ジャンボ事故を描いた内容としか知らず、全てを通して見たことはなかった。伊坂幸太郎の小説が好きであるならばきっと気に入るはずと友人に勧められ…