読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに・・・

就職→起業→独立(いまココ)の日々を綴ります。

【スマホアプリレビュー!!】豪華声優陣をふんだんに使った、純国産MMORPG「クリスタルオブリユニオン」をプレイしてみた

スマホアプリ

自らの王国を作り、設備を建設して軍隊を強化しながら、資源奪取やあらゆるモンスターを倒し、時には他国と戦争する…そんなMMORPGゲームは数多く存在しますが、今日はそんな中でも「純国産」のファンタジー系MMORPGゲームを紹介していきたいと思います。

 

純国産ということで、一般的なストラテジーゲームだと、リアリティを追求したグラフィックデザインになっていると思いますが、こちらはファンタジー系ということで、アニメチックな美しいグラフィックデザインとキャラクターボイスに癒されるゲームとなっており、萌え好きにはオススメのゲームとなっています。

 

今日はそんなMMORPG「クリスタル オブ リユニオン」を実際にプレイして見たので紹介していきたいと思います。

 

クリスタル オブ リユニオン 「CRYSTAL OF RE:UNION」
クリスタル オブ リユニオン 「CRYSTAL OF RE:UNION」
開発元:gumi Inc.
無料
posted with アプリーチ
  • クリユニの基本的な遊び方
  • クリユニのオススメポイント
    • ストーリー性もしっかりしており、ゲームとしての完成度が高い
    • グラフィック&ボイスクオリティが高い
    • 初心者も安心してプレイできる
  • 序盤の進め方
    • まずはヒントを頼りにクエストを進めていく
    • 同盟には絶対に加入しよう!!
  • あとがき

 

続きを読む

【漫画】週刊少年ジャンプで大好きだった漫画「背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~」が終わってしまった…クライマックスは感動して泣いてしまいました

趣味のtips

以前こんな記事を書かせていただきました。

週刊少年ジャンプの人気競技ダンス漫画「背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~」が面白すぎるので、紹介する

 

週刊少年ジャンプの中で連載されている中でも1、2位を争う個人的に大好きな作品であり、「新展開になってきてこれからの展開が楽しみすぎる!」ということでセスピンをみなさんにもっと知ってもらおうといくことで記事を書かせていただいたのですが、

嬉しいことに、「背すじをピン!と」の作者である横田卓馬先生のスタッフの方がTwitterにて取り上げてくださいました。

 

 

スタッフの方が取り上げてくれたことに舞い上がった僕は完全にセスピンの虜となり、セスピンが週刊少年ジャンプで一番大好きな漫画になってしまいました。(単純)

 

そんな感じで毎週ジャンプを買うのがさらに楽しみになってきた僕でしたが、

 

 

!?

 

なにやら意味深なツイートが。

まさか…ね?

 

f:id:kingqoo3:20170213152645j:plain

 

終わってしまった…

 

 

この新章突入の展開はこれからさらに面白い展開に突入していくものだと勝手に勘違いしていたのですが、まさかクライマックスに向かっていたとは完全に意表を突かれてしまいました。

 

セスピンが大好きな僕にとってはいきなりフラれたという感じでめちゃくちゃショックをうけたわけですが…この最終話がめちゃくちゃよかった!!

 

ファンとしてはずっと続けていってほしいという想いもあるのですが、この終わり方であればと涙目で感動しながら最終話を読ませていただきました。

 

前置きがかなり長くなりましたが、今日はそんなセスピンを知らない人のためにもう一度どんな話だったのかを紹介しながら、魅力を伝えていきたいと思います。

 

  • セスピンのあらすじ
  • 主人公が背伸びしていない感じがとてもいい漫画でした
    • 等身大の友情
    • 等身大の努力
    • 等身大の勝利
  • 高校三年生になっても変わらない土屋くんと亘理さんが良かった
  • あとがき
  • 漫画を楽しむのであれば、Kindle Paperwhite マンガ モデルはいかが?
    • Amazonプライムに入会するとKindle端末が4,000円OFF&月に一冊無料

 

続きを読む

【スマホアプリレビュー!!】パトレイバー、攻殻機動隊を手がけた巨匠「押井守」がアニメーションを監修する本格RPG「ファントム オブ キル」をプレイしてみた

スマホアプリ

皆さんは「機動警察パトレイバー」、「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」などの作品をご存知でしょうか?

 

アニメや小説として上記作品を知っている方も多いとは思いますが、僕がこの2つの作品と初めて出会ったのは、パチンコ屋にスロットの新台として導入された時でした。笑

そんな二つの作品を映像として手がけた世界的に有名な巨匠押井守監督がオープニングアニメーションを手がけたスマホゲーム「ファントム オブ キル」を最近プレイしてみたので紹介していきたいと思います。

 

ファントム オブ キル【一手で戦況が変わるシミュレーションRPG】
ファントム オブ キル【一手で戦況が変わるシミュレーションRPG】
開発元:gumi Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

  • ファンキルの基本的な遊び方
  • ファンキルのオススメポイント
    • アニメーションやボイスにこだわりが感じられる
    • オートプレイモードもしっかり完備
    • マルチプレイが面白い!!
    • ファンキルの序盤の進め方
    • プレイヤーレベル20まではガンガン進めよう
    • ステップアップガチャを引いてパーティーを強化
  • あとがき

 

続きを読む